API:FMX.Controls.TControlActionLink.SetHelpType

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

procedure SetHelpType(Value: THelpType); override;

C++

virtual void __fastcall SetHelpType(System::Classes::THelpType Value);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
protected
FMX.Controls.pas
FMX.Controls.hpp
FMX.Controls TControlActionLink

説明

クライアントの HelpType プロパティを設定するためのインターフェイスを導入します。

FMX.Controls.TControlActionLink.SetHelpType は System.Actions.TContainedActionLink.SetHelpType を継承しています。以下の内容はすべて System.Actions.TContainedActionLink.SetHelpType を参照しています。

クライアントの HelpType プロパティを設定するためのインターフェイスを導入します。

ValueHelpType プロパティの新しい値を指定します。

アクション リンク オブジェクトは、関連づけられているアクションの HelpType プロパティが変わった際に SetHelpType を呼び出し、アクション リンクが新しい Value を、クライアント オブジェクトの HelpType プロパティに伝播できるようにします。

TContainedActionLink での実装の通り、SetHelpType は何も行いません。 下位クラスは SetHelpType をオーバーライドし、IsHelpLinked メソッドが True を返す場合、アクションの HelpType プロパティに対応するクライアント プロパティを設定します。

関連項目