表示: Delphi C++
表示設定

Data.Win.ADODB.TADOConnection

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Data.DB.TCustomConnectionSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTADOConnection

Delphi

TADOConnection = class(TCustomConnection, IUnknown, ConnectionEventsVT)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TADOConnection : public Data::Db::TCustomConnection

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Data.Win.ADODB.pas
Data.Win.ADODB.hpp
Data.Win.ADODB Data.Win.ADODB

説明

TADOConnection は,ADO データストアに接続します。

TADOConnection クラスは,ADO 接続オブジェクトをカプセル化します。TADOConnection は,ADO データストアに接続するために使用します。1 つの TADOConnection コンポーネントが提供する接続は,複数の ADO コマンドとデータセットコンポーネントで Connection プロパティを使って共有できます。

TADOConnection を使用すると,データストアに接続する際の属性と条件を制御できます。TADOConnection のプロパティを使用すると,レコードロック方式(共有か,排他か),カーソルの種類,カーソルの位置,排他レベル,および接続タイムアウトといった属性を制御できます。また,トランザクションを実現するメソッドや,このコンポーネントの接続先となるデータベースに関するメタデータを取り出すメソッドも提供されます。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance