表示: Delphi C++
表示設定

Data.Win.ADODB.TCustomADODataSet.Connection

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Connection: TADOConnection read GetConnection write SetConnection;

C++

__property TADOConnection* Connection = {read=GetConnection, write=SetConnection};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
Data.Win.ADODB.pas
Data.Win.ADODB.hpp
Data.Win.ADODB TCustomADODataSet

説明

使用する ADO 接続コンポーネントを指定します。

Connection プロパティを使用すると,ADO データストアへの接続に使用する ADO 接続オブジェクトを指定できます。

設計時には,オブジェクトインスペクタから呼び出される利用可能な TADOConnection オブジェクトのリスト(アプリケーションに追加済みのものがある場合)から選択してください。

実行時には,既存の TADOConnection オブジェクトを参照するように Connection を設定します。

ADOTable1.Connection := ADOConnection1;

ADOTable1->Connection = ADOConnection1;

メモ:  ADO データベースへの接続は,独立した TADOConnection オブジェクト(データベースへ接続するように設定)を使って確立するか,ConnectionString プロパティの有効なエントリで直接確立することができます。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance