表示: Delphi C++
表示設定

Data.Win.ADODB.TCustomADODataSet.Prepared

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Prepared: Boolean read GetPrepared write SetPrepared default False;

C++

__property bool Prepared = {read=GetPrepared, write=SetPrepared, default=0};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property protected
Data.Win.ADODB.pas
Data.Win.ADODB.hpp
Data.Win.ADODB TCustomADODataSet

説明

コマンドを実行前に準備するかどうかを指定します。

Prepared プロパティを Open メソッドの呼び出し前に設定すると,データセットのレコードセットを作成するために使用するコマンドを ADO が準備するかどうかを指定できます。Prepared の設定が true で,データセットコンポーネントがデータストアに接続されている場合,ADO は実行前にコマンドを準備します。Prepared を false に設定すると,ADO はコマンドを準備しません。

Prepared プロパティのデフォルト値は false です。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance