表示: Delphi C++
表示設定

FMX.Menus.TPopupMenu

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

FMX.Types.TCustomPopupMenuFMX.Types.TFmxObjectSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTPopupMenu

Delphi

TPopupMenu = class(TCustomPopupMenu, IItemsContainer, IGlyph)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TPopupMenu : public Fmx::Types::TCustomPopupMenu

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FMX.Menus.pas
FMX.Menus.hpp
FMX.Menus FMX.Menus


説明

ポップアップ メニューを表します。

TPopupMenu を使用すると、Popup プロシージャが呼び出された際にのみ現れるメニューを記述できます。TPopupMenu は、Popup プロシージャのパラメータで指定された座標に現れます。

TPopupMenu は、TMenuItems から構成されています。 メニュー項目を追加するには、以下のように、いくつかの方法があります。

  • 設計時にメニュー項目を追加するには、次のいずれかを行います。
    • コンポーネントを右クリックし、コンテキスト メニューから[項目の追加]を選択します。
    • コンポーネントをダブルクリックし、[項目デザイナ][項目の追加]ボタンをクリックします。
    • コンポーネントを右クリックし、コンテキスト メニューから[項目エディタ...]を選択したあと、[項目の追加]ボタンをクリックします。
  • 実行時にメニュー項目を追加するには、TPopupMenuAddObject プロシージャを使用します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance