表示: Delphi C++
表示設定

FMX.StdCtrls.TCustomButton.RepeatClick

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property RepeatClick: Boolean read FRepeat write FRepeat default False;

C++

__property bool RepeatClick = {read=FRepeat, write=FRepeat, default=0};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
FMX.StdCtrls.pas
FMX.StdCtrls.hpp
FMX.StdCtrls TCustomButton

説明

事前設定時間の後、ボタンのクリックを自動的に繰り返すかどうかを示します。

RepeatClick プロパティを True に設定すると、ボタンにイベントのクリックを自動的に繰り返させることができ、それゆえ、OnClick を最後に実行してから事前設定した時間が過ぎた後、OnClick イベントを周期的に実行させることができます。

タイマ間隔は最初の待機 500 ミリ秒から開始し、その後、待機サイクルは 100 ミリ秒に移行します。 この間隔はユーザーは変更することはできません。

100 ミリ秒過ぎる毎に、DoRepeatDelayTimer が実行されます。 DoRepeatDelayTimer は、DoRepeatTimer メソッドを内部的に呼び出し、ボタンの OnClick イベントを実行させることができます。

関連項目

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance