表示: Delphi C++
表示設定

FMX.Styles.TStyleManager.SetStyleFromFile

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

class function SetStyleFromFile(const FileName: string): Boolean; overload;
class function SetStyleFromFile(const Context: TFmxObject; const FileName: string): Boolean; overload;

C++

__classmethod bool __fastcall SetStyleFromFile(const System::UnicodeString FileName)/* overload */;
__classmethod bool __fastcall SetStyleFromFile(Fmx::Types::TFmxObject* const Context, const System::UnicodeString FileName)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
FMX.Styles.pas
FMX.Styles.hpp
FMX.Styles TStyleManager


説明

FileName で指定されたスタイルを、アクティブ スタイルとして設定します。

プロジェクト内で複数行に SetStyleFromFile の呼び出しを記述してはいけません。これは、スタイル マネージャ内で 1 つしかアクティブ スタイルを持てないためです。

SetStyleFromFile は、プロジェクトのソース コードで(Application.Initialize を呼び出す前)、もしくは、フォーム ユニットのいずれかにおける初期化セクションで、呼び出すことができます。

  • フォームで SetStyleFromFile を呼び出す場合には、そのスタイルが再適用されます。
  • SetStyleFromFile をフォーム作成前に呼び出した場合、カスタム スタイルがプラットフォーム スタイルに代わって完全に置き換わります。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance