表示: Delphi C++
表示設定

System.Win.ComObj.OleCheck

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure OleCheck(Result: HResult);

C++

extern DELPHI_PACKAGE void __fastcall OleCheck(HRESULT Result);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
System.Win.ComObj.pas
System.Win.ComObj.hpp
System.Win.ComObj System.Win.ComObj

説明

結果のコードがエラーを示すと EOleSysError 例外を生成します。

OleCheck は,多くの COM ユーティリティをラップするのに使用されます。これにより,COM ユーティリティが失敗したときに結果として生成される例外で,そのルーチンを処理する機会がユーザーに与えられます。

ECode の値が 0 より小さい場合,OleCheck は,エラーコードを指定する EOleSysError 例外を生成します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance