System.Win.Registry.TRegistry.RootKey

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property RootKey: HKEY read FRootKey write SetRootKey;

C++

__property HKEY RootKey = {read=FRootKey, write=SetRootKey, nodefault};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
System.Win.Registry.pas
System.Win.Registry.hpp
System.Win.Registry TRegistry

説明

アプリケーションで TRegistry オブジェクトに使用するルートキーを指定します。

RootKey は,アプリケーションがアクセスできるサブキーの階層を特定したり,アプリケーションで使用するルートキーを指定したりできます。

デフォルトでは,RootKey はレジストリオブジェクトの作成時に HKEY_CURRENT_USER に設定されます。ルートキーを変更するには,RootKey プロパティに有効な整数値を指定します。

メモ:  LoadKey または RegistryConnect などの操作では,アプリケーションは RootKey のデフォルト値を変更しなければならない場合があります。

関連項目