表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.AxCtrls.TActiveForm

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Vcl.Forms.TCustomActiveFormVcl.Forms.TCustomFormVcl.Forms.TScrollingWinControlVcl.Controls.TWinControlVcl.Controls.TControlSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentTActiveForm

Delphi

TActiveForm = class(TCustomActiveForm)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TActiveForm : public Vcl::Forms::TCustomActiveForm

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Vcl.AxCtrls.pas
Vcl.AxCtrls.hpp
Vcl.AxCtrls Vcl.AxCtrls

説明

TActiveForm は,ActiveX コントロールとしてエクスポーズされる VCL Form の基本クラスです。TActiveForm オブジェクトは,ActiveX ホストアプリケーションで ActiveX コントロールとして使用されるフォームを表します。TActiveForm オブジェクトは,クラスファクトリによって(Delphi の場合),または ATL(Active Template Library)(C++ の場合)を使用して,作成されます。

TActiveForm オブジェクトを使用して,Web ブラウザから表示および実行できるフォーム ActiveX コントロールを作成します。

メモ:  Delphi アプリケーションでは,このオブジェクトは TActiveFormControl によって作成されます。TActiveFormControl は,ActiveForm を作成するときにフォームデザイナで設計する,このクラスの下位オブジェクトです。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance