表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Clipbrd.TClipboard

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

System.Classes.TPersistentSystem.TObjectTClipboard

Delphi

TClipboard = class(TPersistent)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TClipboard : public System::Classes::TPersistent

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Vcl.Clipbrd.pas
Vcl.Clipbrd.hpp
Vcl.Clipbrd Vcl.Clipbrd

説明

TClipboard は,システムのクリップボードを表します。

TClipboard は,アプリケーションで切り取られたりコピーされたりする情報を格納する,システムのクリップボードのラッパーオブジェクトです。

コンストラクタを呼び出して TClipboard オブジェクトを個別にインスタンス化しないでください。かわりに,Clipboard 関数によって返された TClipboard オブジェクトのグローバルインスタンスを使用します。このグローバルインスタンスを使用すると,アプリケーション間で TClipboard の 1 つのインスタンスを共有し,クリップボードが誤って削除されるのを防ぐことができます。

Clipboard 関数を呼び出す前に,必ずアプリケーションに Clipbrd ユニットが含まれている必要があります。つまり,Delphi では,uses 節に Clipbrd を指定する必要があり,C++ では,Clipbrd.hpp のために include 文が必要になります。

TClipboard の各プロパティは,クリップボードが扱うものとして登録された形式についての情報を持っています。

TClipboard のメソッド

適当な形式でデータを格納し,取り出す

参照カウントを数えながら,クリップボードを開き,閉じる

クリップボード内のオブジェクトの形式を管理する

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance