表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.ComCtrls.TTreeNodes.AddChildObjectFirst

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function AddChildObjectFirst(Parent: TTreeNode; const S: string;  Ptr: TCustomData): TTreeNode;

C++

TTreeNode* __fastcall AddChildObjectFirst(TTreeNode* Parent, const System::UnicodeString S, void * Ptr);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
Vcl.ComCtrls.pas
Vcl.ComCtrls.hpp
Vcl.ComCtrls TTreeNodes

説明

ツリー ビューにデータを含んだ新しいツリー ノードを追加します。

ノードは、Parent パラメータによって指定されたノードの最初の子として追加されます。追加されたノードの後に表示されるノードは、1 行下に移動され、有効なインデックス値に再度インデックス付けされます。S パラメータは、新しいノードの Text プロパティを示します。Ptr パラメータは、新しいノードの Data プロパティ値を示します。AddChildObjectFirst は、追加されたノードを返します。

メモ:  ツリー ノード オブジェクトが解放されても、Ptr によって参照されるメモリは解放されません。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance