表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Controls.TControl.Caption

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Caption: TCaption read GetText write SetText stored IsCaptionStored;

C++

__property TCaption Caption = {read=GetText, write=SetText, stored=IsCaptionStored};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property protected
Vcl.Controls.pas
Vcl.Controls.hpp
Vcl.Controls TControl


説明

ユーザーがコントロールを識別するために使用するテキスト文字列を示します。

Caption を使用すると、コントロールのラベルとなるテキスト文字列を指定することができます。

コントロールのラベルとなる Caption の文字に下線を付けるには、文字の前にアンパサンド(&)を追加します。この種の文字を、アクセラレータ文字と呼ばれます。 これによりユーザーは、〔Alt〕を押しながらその文字を入力することにより、そのコンポーネントを選択できるようになります。 キャプション内にアンパサンド文字を表示するには、二重のアンパサンド(&&)を使用します。

メモ:
  • テキストを表示するコントロールは、テキストの値を指定するのに Caption プロパティまたは Text プロパティを使用します。 使用されるプロパティは、コントロールの種類によって異なります。 一般には、Caption はウィンドウ タイトルまたはラベルとして表示されるテキストで使用し、Text はコントロールの内容として表示されるテキストで使用します。
  • TButton といった一部のコントロールでは、Caption の色を変更することができません。 ボタン キャプションの色を変更したい場合、TButton の代わりに、TSpeedButtonTBitBtn といった別のボタン タイプを使用する必要があります。 TSpeedButton または TBitBtn の場合、Caption プロパティの色は、Font プロパティを使用して変更することができます。
  • TLinkLabel の場合、HTML タグは、実行時でも設計時でも Caption プロパティ内部で宣言されます。

関連項目

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance