表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.DBGrids.TCustomDBGrid.SelectedIndex

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property SelectedIndex: Integer read GetSelectedIndex write SetSelectedIndex;

C++

__property int SelectedIndex = {read=GetSelectedIndex, write=SetSelectedIndex, nodefault};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
Vcl.DbGrids.pas
Vcl.DBGrids.hpp
Vcl.DBGrids TCustomDBGrid

説明

Columns 配列内で現在選択されている列のインデックスを指定します。

SelectedIndex プロパティを設定すると,フォーカスはグリッド内の指定された位置の列に移動します。SelectedIndex プロパティは,グリッド内のどの列にフォーカスがあるかがわかります。0 は最初の列,1 は次の列です。現在選択されている列がない場合,SelectedIndex は -1 となります。

Options プロパティに dgIndicator が設定されている場合,SelectedIndex で示される列のインデックスは,グリッド内に実際に存在する列のインデックスとは異なります。

選択されている列の項目コンポーネントにアクセスするには SelectedField プロパティを使用します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance