表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Dialogs.InputQuery

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function InputQuery(const ACaption: string; const APrompts: array of string; var AValues: array of string; CloseQueryFunc: TInputCloseQueryFunc): Boolean;
function InputQuery(const ACaption: string; const APrompts: array of string; var AValues: array of string; CloseQueryEvent: TInputCloseQueryEvent; Context: TObject): Boolean;
function InputQuery(const ACaption, APrompt: string; var Value: string): Boolean;

C++

extern DELPHI_PACKAGE bool __fastcall InputQuery(const System::UnicodeString ACaption, const System::UnicodeString *APrompts, const int APrompts_High, System::UnicodeString *AValues, const int AValues_High, _di_TInputCloseQueryFunc CloseQueryFunc = _di_TInputCloseQueryFunc())/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
Vcl.Dialogs.pas
Vcl.Dialogs.hpp
Vcl.Dialogs Vcl.Dialogs

説明

文字列、実数、整数のいずれかをユーザーが入力できる入力ダイアログ ボックスを表示します。

InputQuery を呼び出すと、文字列、実数、整数のいずれかをユーザーが入力できる入力ダイアログ ボックスを表示します。

ACaption はダイアログ ボックスのキャプションです。

APrompt は編集ボックスにユーザーが入力するテキストです。

Value は、ダイアログ ボックスが最初に表示されたときに、編集ボックスに表示される値です。ユーザーが入力した値が返ります。

InputQuery では、ユーザーが [OK] を選択したときに true、[キャンセル] を選択したとき、または Esc キーを押したときに false が返ります。

ユーザーがダイアログをキャンセルしたときに、デフォルト値を使用する必要がある場合は、InputBox を代わりに使用します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance