表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Dialogs.TFindOptions

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

type TFindOptions = set of TFindOption;

C++

typedef System::Set<TFindOption, TFindOption::frDown, TFindOption::frShowHelp> TFindOptions;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
set
typedef
public
Vcl.Dialogs.pas
Vcl.Dialogs.hpp
Vcl.Dialogs Vcl.Dialogs


説明

TFindOption および TFindOptions は、検索ダイアログに表示されるコントロールを決定します。


TFindOption 値は、どのコントロールが TFindDialog インスタンス内で有効になるのか、コントロールがどのように初期化されるのかを決定します。


TFindOptions は、一連の TFindOption 値です。


次の表は、利用可能な値を一覧しています:

意味

frDisableMatchCase

検索ダイアログの[大文字と小文字を区別する]チェックボックスを無効(グレー表示)にする

frDisableUpDown

検索の方向を指定する[上]ボタンおよび[下]ボタンを無効(グレー表示)にする

frDisableWholeWord

検索ダイアログの[単語単位で探す]チェックボックスを無効(グレー表示)にする

frDown

ダイアログが開くときにデフォルトで[下]ボタンを選択する。frDown フラグがオフの場合は、[上]が選択される。(デフォルトでは、デフォルトでは frDown はオン)

frFindNext

このフラグは、ユーザーが[次を検索]ボタンをクリックするとオンになり、ダイアログが閉じるとオフになります。

frHideMatchCase

ダイアログの[大文字と小文字を区別する]チェックボックスを削除する

frHideWholeWord

ダイアログの[単語単位で探す]チェックボックスを削除する

frHideUpDown

ダイアログの[上]ボタンと[下]ボタンを削除する

frMatchCase

このフラグはユーザーが[大文字と小文字を区別する]チェックボックスを選択(または選択解除)するとオン(またはオフ)になります。ダイアログが開くときにデフォルトでチェックボックスを選択するには、設計時に frMatchCase を設定する

frReplace

TReplaceDialog にのみ適用。このフラグは、FindText 文字列の現在の一致(現在の一致のみ)を ReplaceText 文字列で置換することを示すためにシステムによって設定される。検索ルーチンでは使用しない

frReplaceAll

TReplaceDialog にのみ適用。TReplaceDialog にのみ適用される。このフラグは、FindText 文字列と一致するすべての文字列を ReplaceText 文字列で置換することを示すためにシステムによって設定される

frShowHelp

[ヘルプ]ボタンをダイアログに表示

frWholeWord

このフラグはユーザーが[単語単位で探す]チェックボックスを選択(または選択解除)するとオン(またはオフ)になります。 ダイアログが開くときにデフォルトでチェックボックスを選択するには、設計時に frWholeWord を設定する

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance