表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Dialogs.TFontDialog.Font

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Font: TFont read FFont write SetFont;

C++

__property Vcl::Graphics::TFont* Font = {read=FFont, write=SetFont};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
Vcl.Dialogs.pas
Vcl.Dialogs.hpp
Vcl.Dialogs TFontDialog

説明

選択されたフォントを示します。

ダイアログボックスでユーザーがフォントを選択して[OK]をクリックすると,選択されたフォントが Font プロパティの値になります。ダイアログボックスが表示されたときにデフォルトのフォントを表示するには,オブジェクトインスペクタまたはプログラムコードで値を Font に代入します。

FontDialog1.Font := Form1.Font; if FontDialog1.Execute then for i := 0 to (Form1.ControlCount - 1) do if (Form1.Controls[i] is TButton) then (Form1.Controls[i] as TButton).Font := FontDialog1.Font

FontDialog1->Font = Form1->Font; if (FontDialog1->Execute()) Button1->Font = FontDialog1->Font;

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance