表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Graphics.TCustomCanvas.ClipRect

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property ClipRect: TRect read GetClipRect;

C++

__property System::Types::TRect ClipRect = {read=GetClipRect};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
Vcl.Graphics.pas
Vcl.Graphics.hpp
Vcl.Graphics TCustomCanvas

説明

クリップする矩形の境界を指定する読み取り専用プロパティです。

ClipRect を使用して、キャンバスで描画が必要な場所を決定します。ClipRect では、キャンバスの描画領域を制限します。ClipRect の外部座標での描画がクリップされ、画像に表示されません。

フォームの OnPaint イベントを処理するとき、キャンバスの ClipRect プロパティは描画が必要な矩形に設定されます。ClipRect が重複しない画像の部分では、描画が必要ありません。したがって、OnPaint ルーチンでは、ClipRect の値を使用して、描画を最適化し、アプリケーションの全体のパフォーマンスを向上できます。

メモ:  ClipRect は SelectClipRgn Win32 API を使用して変更できます。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance