表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Outline.TCustomOutline.LoadFromFile

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure LoadFromFile(const FileName: string); overload;
procedure LoadFromFile(const FileName: string; Encoding: TEncoding); overload;

C++

void __fastcall LoadFromFile(const System::UnicodeString FileName)/* overload */;
void __fastcall LoadFromFile(const System::UnicodeString FileName, System::Sysutils::TEncoding* Encoding)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
Vcl.Outline.pas
Vcl.Outline.hpp
Vcl.Outline TCustomOutline


説明

ファイルに格納されているテキスト イメージから、アウトラインをロードします。

LoadFromFile を呼び出すと、FileName パラメータで指定されたファイルから、アウトラインを構築することができます。ファイル内の各行が、アウトライン内のノードを表します。ファイルは、ルート ノードを含みません。

先頭部分のタブや空白は、アウトラインのレベルに変換されます。先頭部分のタブや空白がないテキストは、レベル 1 の項目になります。たとえば次の一連の文字列は、ルートから第 1 レベルの子が 3 つ、それに第 2 レベルの子が、1つ目と3つ目のノードに追加されたアウトラインを表しています:

ChildA ChildA1 ChildB ChildC ChildC1

ストリームから読み込んだテキスト イメージからアウトラインを構築していくには、LoadFromStream メソッドを使用します。TStrings オブジェクトで表されているテキスト イメージからアウトラインを構築するには、Lines プロパティを使用します。

関連項目


コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance