表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.StdCtrls.TCustomListBox.ItemHeight

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property ItemHeight: Integer read GetItemHeight write SetItemHeight default 16;

C++

__property int ItemHeight = {read=GetItemHeight, write=SetItemHeight, default=16};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property protected
Vcl.StdCtrls.pas
Vcl.StdCtrls.hpp
Vcl.StdCtrls TCustomListBox

説明

オーナー描画リストボックス内の項目の高さをピクセル数で指定します。

ItemHeight を使用すると,Style プロパティが lbOwnerDrawFixed であればリストボックスの項目の高さを制御できます。また,ItemHeight プロパティはリストボックスの高さにも影響します。IntegralHeight プロパティが true ならば,リストボックスの高さは常に ItemHeight の値の倍数になります。

Style プロパティが lbStandard または lbOwnerDrawVariable ならば,ItemHeight 値は無視されます。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance