表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.StdCtrls.TCustomListBox.Selected

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Selected[Index: Integer]: Boolean read GetSelected write SetSelected;

C++

__property bool Selected[int Index] = {read=GetSelected, write=SetSelected};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
Vcl.StdCtrls.pas
Vcl.StdCtrls.hpp
Vcl.StdCtrls TCustomListBox


説明

特定の項目が選択されているかどうかを示します。

Selected を使用すると、リストボックス内の特定の項目の状態を問い合わせることができます。Index パラメータで指定された項目がリストボックス内で選択されている場合、Selected プロパティの値は true になります。指定された項目が選択されていない場合、Selected は false になります。Selected を設定すると、選択される項目を変更することができます。

Index パラメータは、リスト ボックス内でその位置によって参照される項目を表しており、最初の項目の Index 値は 0 です。

項目は、ユーザーがそれを強調表示状態にしたときに、選択されたことになります。MultiSelect プロパティを true に設定すると、リスト ボックスで複数の項目を選択することも可能になります。この場合、Selected 項目は、リスト ボックスに入力フォーカスがあった際に、フォーカスされている項目となります。

関連項目



コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance