表示: Delphi C++
表示設定

Xml.XMLIntf.IXMLDocument

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

IXMLDocument = interface(IInterface)

C++

__interface  INTERFACE_UUID("{395950C3-7E5D-11D4-83DA-00C04F60B2DD}") IXMLDocument  : public System::IInterface

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
interface
class
public
Xml.XMLIntf.pas
Xml.XMLIntf.hpp
Xml.XMLIntf Xml.XMLIntf


説明

IXMLDocument は、XML ドキュメントを表します。

IXMLDocument を使用すると、XML ドキュメントを処理できます。 アプリケーションは IXMLDocument インターフェイスを、TXMLDocument コンポーネントか、グローバル LoadXMLDocument 関数か、ドキュメント内のいずれかのノードの OwnerDocument プロパティを介して、取得することができます。

関連する DOM インターフェイスの IDOMDocument のように、IXMLDocument を使用して、XML ドキュメントのコンテンツにアクセスし、新しいノードを作成することができます。また、IXMLDocument により、ディスクに保存されている XML ドキュメントをロードしたり、生の(未解析の)XML の文字列を、ドキュメントのコンテンツに割り当てることもできます。

TXMLDocument は、IXMLDocument インターフェイスを実装します。通常、TXMLDocument コンポーネントは、XML ドキュメントの処理開始点となります。


関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance