Data.Cloud.AmazonAPI.TAmazonStorageService.GetBucketLogging

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

function GetBucketLogging(const BucketName: string;  ResponseInfo: TCloudResponseInfo = nil; const BucketRegion: TAmazonRegion = amzrNotSpecified): TAmazonBucketLoggingInfo;

C++

TAmazonBucketLoggingInfo* __fastcall GetBucketLogging(const System::UnicodeString BucketName, Data::Cloud::Cloudapi::TCloudResponseInfo* ResponseInfo = (Data::Cloud::Cloudapi::TCloudResponseInfo*)(0x0), const System::UnicodeString BucketRegion = System::UnicodeString());

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
Data.Cloud.AmazonAPI.pas
Data.Cloud.AmazonAPI.hpp
Data.Cloud.AmazonAPI TAmazonStorageService

説明

指定されたバケットのログ情報を返します。

GetBucketLogging は、バケットに対するログ記録ステータスと共に、ユーザーのそのステータスに対する参照および変更の権限も返します。

GetBucketLogging は、リクエストが失敗した場合に nil を返します。 GetBucketLogging は、バケットの対してログ記録が無効になっている場合、False を返す IsLoggingEnabled と共に TAmazonBucketLoggingInfo を返します。

次の表は、各パラメータの意味を示しています:

パラメータ 説明

BucketName

ログ情報を取得してくるバケットの名前。

ResponseInfo

レスポンス情報を保管するためのクラス(任意)

関連項目