System.Threading.TFuture のメソッド

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索


継承Protected
__MarkDestroyingprotected
_AddRefprotectedIInterface_AddRef メソッドを実装します。
_ReleaseprotectedIInterface_Release メソッドを実装します。
AddChildprotected
AddCompleteEventprotected
AfterConstructionpublic最後のコンストラクタが実行された後に応答します。
BeforeDestructionpublicインターフェース化オブジェクトの破棄を許可する前に参照カウントがゼロであることを確認します。
CallUserCodeprotected
Cancelprotectedタスクをキャンセルします。
CheckCanceledprotectedタスク ステータスをチェックします。タスクがキャンセルされた場合、EOperationCancelled 例外が発生します。
CheckDisposedprotected
CheckFaultedprotected
ClassInfopublic

オブジェクト型の実行時型情報(RTTI)テーブルのポインタを返します。

ClassNamepublic引数で渡される変数の型ではなくオブジェクトインスタンスの型を示す文字列を返します。
ClassNameIspublicオブジェクトが指定の型かどうかを示します。
ClassParentpublic1 つ上位のクラスの型を返します。
ClassTypepublicオブジェクトのクラスへのクラス参照を返します。
CleanupInstancepublicクラス内の長い文字列とバリアントとインターフェース変数に対する終了処理を実行します。
Completeprotected
CreateprotectedTFuture のインスタンスを作成します。
CreateReplicaTaskprotected
CurrentTaskpublicCurrentTask は、現在のタスクの ITask インスタンスを返します。
DefaultHandlerpublicメッセージレコードを処理するメソッドのインターフェースを提供します。
DestroypublicTTask のこのインスタンスを破棄します。
DispatchpublicMessage パラメータの内容に基づいてオブジェクトのメッセージ処理メソッドを呼び出します。
DisposeOfpublicDisposeOf は、オブジェクトのデストラクタ コードを、強制実行します。
DoWaitForAllprotectedDoWaitForAll では、一連のタスクが完了するか、Timeout で指定されたタイムアウトが発生するまで、呼び出し側のタスクを一時停止します。
DoWaitForAnyprotectedDoWaitForAny では、配列内のタスクのいずれかが完了するか、Timeout で指定されたタイムアウトが発生するまで、呼び出し側のタスクを一時停止します。
Equalspublic

現在のインスタンスと Obj パラメータが等しいかどうかを調べます。

Executeprotected
ExecuteReplicatesprotected
ExecuteWorkprotected
FieldAddresspublicパブリッシュオブジェクト項目のアドレスを返します。
FinalCompletionprotected
ForgetChildprotected
Freepublicオブジェクトを破棄し,必要ならば関連付けられているメモリを解放します。
FreeInstancepublic
FuturepublicFuture は、並列スレッドで実行できる関数を引数として受け取り、プログラムで必要になった時点で結果を取得するのに使用されるインターフェイスを返します。
GetControlFlagprotected
GetDisposedprotected
GetExceptionObjectprotected
GetHasExceptionsprotected
GetHashCodepublicハッシュ コードを表す整数を返します。
GetIdprotected
GetInterfacepublic指定したインターフェースを取り出します。
GetInterfaceEntrypublicクラス内で実現された特定のインターフェースのエントリを返します。
GetInterfaceTablepublic指定したクラスで実装されているすべてのインターフェースが入った構造体のポインタを返します。
GetIsCanceledprotectedタスクの状態を確認し、キャンセルされていれば True を、されていなければ False を返します。
GetIsCompleteprotectedタスクの状態を確認し、完了していれば True を、していなければ False を返します。
GetIsQueuedprotectedタスクの状態を確認し、タスクのキューに含まれていれば True を、含まれていなければ False を返します。
GetIsReplicatingprotectedタスクの状態を確認し、このタスクが他のタスクの複製であれば True を、そうでなければ False を返します。
GetStatusprotectedGetStatus は、呼び出し側のタスクの状態を TTaskStatus 型の変数として取得します。
GetValueprotectedTFuture を使って実装された関数の具体的な型 <T> を返します。
GetWasExceptionRaisedprotectedタスクの状態を確認し、このタスクによって例外が発生していれば True を、していなければ False を返します。
HandleChildCompletionprotected
HandleExceptionprotected
InheritsFrompublic2 つのオブジェクト型の関係を調べます。
InitInstancepublic新しく割り当てられたオブジェクトインスタンスをすべて 0 に初期化し,インスタンスの仮想メソッドテーブルポインタを初期化します。
InstanceSizepublicオブジェクト型の各インスタンスのサイズをバイト数で返します。
IntermediateCompletionprotected
InternalExecuteprotected
InternalExecuteNowprotected
InternalWorkprotected
MarkAsStartedprotectedタスクが開始済みであると自動的に設定します。タスクが開始済みであると問題なく設定できれば True が返されます。タスクが開始済みであると既に設定されている場合や、処理が既に完了している場合には、False が返されます。
MethodAddresspublicクラス メソッドのアドレスを名前で返します。
MethodNamepublicアドレスを指定すると、クラス メソッドの名前を返します。
NewIdprotected
NewInstancepublic
ProcessCompleteEventsprotected
QualifiedClassNamepublic

クラスの修飾名を返します。

QueryInterfaceprotectedIInterfaceQueryInterface メソッドを実装します。
QueueEventsprotected
RemoveCompleteEventprotected
RunpublicRun は、タスクの実行を開始し、ITask のインスタンスを返します。
SafeCallExceptionpublicsafecall 呼び出し規約を使って宣言されたメソッド内での例外を処理します。
SetCompleteprotectedタスクが完了している場合、タスクの状態を Completed に設定します。
SetExceptionObjectprotected
SetRaisedStateprotected
SetTaskStopprotected
ShouldCreateReplicaprotected
ShouldExecuteprotected
Startprotected
ToStringpublicクラス名を表す文字列を返します。
TryExecuteNowprotected
UnitNamepublic

クラスが定義されているユニットの名前を返します。

UnitScopepublic

クラスのユニット スコープを返します。

UpdateStateAtomicprotected
WaitprotectedITask待機関数を実装します。
WaitForAllpublicWaitForAllDoWaitForAll を呼び出し、そこで配列内のすべてのタスクが完了するのを待ちます。
WaitForAnypublicWaitForAnyDoWaitForAny を呼び出し、そこで配列内のいずれかのタスクが完了するのを待ちます。