Vcl.Grids

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索


パッケージ vcl270.bpl

クラス

EInvalidGridOperationEInvalidGridOperation は,不当なグリッド操作によって生成される例外クラスです。
TCustomDrawGridTCustomDrawGrid は,グリッドのセルのペイントおよび操作に対してイベントを発生させるグリッドの基本クラスです。
TCustomGridTCustomGrid は,2 次元グリッドに情報を与えるコンポーネントすべての基本型です。
TDrawGridTDrawGrid は、列と行の形式で情報を表示するグリッド コントロールを表します。
TInplaceEditTInplaceEdit は,グリッドコントロールにテキスト編集機能を追加します。
TInplaceEditList取り得る値の選択リストをドロップ ダウンしたり、モーダル ダイアログを表示するためにイベントでユーザー コードを起動する参照([...])ボタンを表示できるようにします。
TStringGrid

TStringGrid は、文字列および関連するオブジェクトの処理を簡略化することを目的としたグリッド コントロールを表します。

TStringGridStringsTStringGridStrings は,文字列グリッドのセルに表示される文字列リストを保持します。

TDrawCellEventOnDrawCell イベントの関数型です。
TEditStyleTEditStyle は,グリッドのセルにドロップダウン矢印または省略記号のボタンが含まれるのかどうかを示します。
TFixedCellClickEventTFixedCellClickEvent は、OnFixedCellClick イベントのために使用する手続き型です。
TGetEditEventTGetEditEvent は,グリッドのインプレースエディタに文字列を提供するイベントハンドラの型です。
TGetExtentsFuncTGetExtentsFunc は内部型です。
TGridAxisDrawInfoTGridAxisDrawInfo 型および TGridDrawInfo 型は,グリッドをレンダリングするときに役立つ情報を表します。
TGridCoordTGridCoord 型は,グリッドコントロール内のセルを指定します。
TGridDrawInfo軸に関する情報が格納されており、グリッドの描画時に役立ちます。
TGridDrawingStyleグリッド コントロールの描画に使用可能なスタイルを列挙します。
TGridDrawStateTGridDrawState は、グリッドのセルをレンダリングするときに役立つ情報を表します。
TGridMovementTGridMovement は、グリッド項目の位置を変更するユーザー アクションを示します。
TGridOptionグリッド コントロールの外観や動作のカスタマイズに使用するオプションを列挙します。
TGridOptionsTGridOptions は、グリッド コントロールの外観や動作のカスタマイズに使用するオプション セットです。
TGridRectTGridRect は,グリッドコントロール内の四角形の領域を占有するセルの集合を指定します。
TGridScrollDirectionTGridScrollDirection は,グリッドコントロールのセルをスクロールする方向を示します。
TGridStateTGridState 型は,グリッドのレイアウトを変更中のユーザーアクションを示します。
THotTrackCellInfoホットトラック イベントに関連付けられる情報を指定します。
TMovedEventOnColumnMoved イベントと OnRowMoved イベントに使用される手続き型。
TOnGetPickListItems選択リストに値を設定するのに使用されるイベントの型。
TSelectCellEventTSelectCellEvent は、グリッド内のセルが選択される前に発生するイベント ハンドラの型です。
TSetEditEventTSetEditEvent は,グリッド内のセルに文字列を割り当てるイベントハンドラの型です。
Vcl_Grids

定数

MaxCustomExtentsMaxCustomExtents: Integer = $7FFFFFF;
MaxGridSizeMaxGridSize: Integer = $7FFFFFF;
MaxShortIntMaxShortInt: Integer = $7F;