C++11 機能を使用する簡単な C++ アプリケーションを作成する

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

Modern C++ への移動


C++Builder では、C++ 標準の最新版である C++11 をサポートしています。

C++Builder アプリケーションで新しい C++11 機能を使用しテストするには、以下の手順で C++ コンソール アプリケーションを作成するのが最も簡単です。 また、C++ VCL フォーム アプリケーションや C++ FireMonkey マルチデバイス アプリケーションなどの RAD Studio で作成する任意の C++ 64 ビット Windows アプリケーションでも C++11 機能を使用できます。 C++ コンソール アプリケーションを使用する場合は、フレームワークを付加せずに C++11 構文をテストできる簡単なアプリケーションが得られます。

メモ: ここで説明しているのと同じ基本手順(C++ コンソール アプリケーションの作成)は、RTL だけを付加して、C++ コンパイラの任意の機能を試験的に実行したり "基本的な" C++ 開発およびテストを実施するのに役立ちます。

手順

  1. [ファイル|新規作成|その他...]を選択します。
    FileNewOther.png

  2. [新規作成]ダイアログ ボックスが開きます。 [C++Builder プロジェクト]をクリックし、[コンソール アプリケーション]を選択して、[OK]をクリックします。
    C++NewCOnsoleApplication.png

  3. [新規コンソール アプリケーション] (C++)ダイアログ ボックスが表示されます。 [ソースの種類]で必ず[C++]を選択します。 アプリケーションのフレームワークを選択する場合は、[ターゲット フレームワーク]コンボ ボックスから[ビジュアル コンポーネント ライブラリ]か[FireMonkey]を選択します。そうでない場合は、[なし]を選択します。 その他のオプションはデフォルトのままで、[OK]をクリックします。
    NCA01.png

  4. [プロジェクト マネージャ]で、[ターゲット プラットフォーム]を右クリックし、[プラットフォームの追加...]を選択します。
    AddPlatfromRC.png

  5. [プラットフォームの選択]ダイアログ ボックスで、[64 ビット Windows]を選択し、[OK]をクリックします。
    SelectPlatform64.png

  6. コード エディタが開き、簡単な C++ アプリケーションのスケルトン コードが表示されます。 このファイルの中に、必要な C++11 コードを記述できます。
    たとえば、以下のコードでは、C++11 での定義どおりに auto キーワードを使用しています。
#include <iostream>
int main() {
        char array[] = {'C', '+', '+', '1', '1'};
        for (auto&i : array) {
                printf("%c", i);
        }
        std::cin.get();
        return 0;
}
7. F9 キーを押すか[実行|実行を選択して、アプリケーションを実行します。
RunApplication.png

C++11 のコード例については、「C++11」を参照してください。

関連項目