表示: Delphi C++
表示設定

コンパイラ属性

提供: RAD Studio
移動: 案内, 検索

属性(RTTI) への移動


一部の特殊な属性により、Delphi コンパイラ の特定の機能が発生します。

Ref

Ref 属性は、関数に(値ではなく)参照で渡されるように定数の関数パラメータを修飾するために使用されます。詳細については、「定数パラメータ」を参照してください。

Unsafe

関数の ResultUnsafe というタグを付けて、関数の結果を "安全でない" ものとして扱うようにコンパイラに指示します(その結果、オブジェクトの ARC 管理は無効になります)。詳細については、「Unsafe 属性」を参照してください。

volatile

volatile 属性は、別のスレッドにより変更される可能性があるフィールドにマークを付けて、そのフィールドの値をレジスタまたは別の一時メモリ領域にコピーする操作がコード生成の際に最適化されないようにするために使用されます。

volatile 属性を使用して、次の宣言にマークを付けることができます:

volatile 属性を使用して、次の宣言にマークを付けることはできません:

type
    TMyClass = class
    private
        [volatile] FMyVariable: TMyType;
    end;

Weak

Weak 属性は、宣言が弱い参照であると指定するために使用されます。詳細については、「弱い参照」を参照してください。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance