TEdgeBrowserコンポーネントの環境設定

提供: Support
移動先: 案内検索

概要

10.4では、「TEdgeBrowser」という新しいWebブラウザコンポーネントが追加されました。

TEdgeBrowserコンポーネントは、従来のTWebBrowserに代わるWebブラウザコントロールで、Microsoft Edge ChromiumベースのWebView2コントロールをラップしています。 現時点では、VCLアプリケーション専用です。


TWebBrowserは、Windows OSが提供するInternet Explorer WebBrowserコントロールを使用するため、特別な事前環境の用意は不要です。Windows上で、Internet Explorerコントロールが利用できる環境であれば常に機能します。

一方、Microsoft Edge Chromium(以下、Microsoft Edge)は、現時点ではWindows OS標準提供のコントロールではなく、まだ正式にリリースされていません。そのためMicrosoft Edgeを使用するアプリケーションを実行するには、クライアントPCに対して事前に環境設定が必要です。

両者のWebブラウザコンポーネントの違いを簡単にまとめると、以下の通りです。

コンポーネント名 ベースになっているWebブラウザ  Windows環境へ事前準備の必要性
TWebBrowser Mircosoft Internet Explorer 必要なし
TEdgeBrowser Microsoft Edge Chromium 必要あり


環境設定

TEdgeBrowserコンポーネントを使用するために必要なモジュールのインストールおよび環境設定の手順は、以下の通りです。

  1. Microsoft Edge Chromiumベースのブラウザの「Canary チャネル」をWindowsにインストール
    Thumb03000127ujpn.png
    上図のCanary チャネルの[ダウンロード]ボタンを押してインストーラーをダウンロードしてください。ダウンロードしたMicrosoftEdgeSetupCanary.exeをダブルクリックすると、Microsoft Edge Canaryのインストールが開始されます。
    Thumb03000128ujpn.png
  2. GetItパッケージマネージャからEdgeView2 SDK をインストール
    IDEメニューの[ツール]-[GetItパッケージマネージャ]を選択すると、GetItパッケージマネージャのダイアログが表示されます。EdgeView2 SDKは、GetItパッケージマネージャからインストールできます。
    Thumb03000129ujpn.png
    2020年9月の時点でのEdgeView2 SDKの最新版は、「0.9.488」
    GetItパッケージマネージャからインストールを実行したとき「GetItサーバーに接続できない」といったエラーが発生する場合は、 こちらをご覧ください。
    Thumb03000130ujpn.png
    上図のようにインストールが完了すると、10.4では、以下のデフォルトパスにWebView2Loader.dllがコピーされます。
    Win32用
    C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\21.0\Redist\win32\WebView2Loader.dll
    
    Win64用
    C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\21.0\Redist\win64\WebView2Loader.dll
    
  3. WebView2Loader.dllを任意のパスへ配置
    WebView2Loader.dllは、アプリケーションからMicrosoft Edgeを利用するために必須のモジュールです。
    EdgeView2 SDKのインストールが完了しても、そのままの状態では、RAD Studioあるいは作成したアプリケーションからWebView2Loader.dllは参照できないので、任意の実行パスへ配置してください。
    例えば、WebView2Loader.dllを以下のパスへコピーすると、全てのアプリケーションから利用できます。
    Win32の場合
    C:\Windows\SysWOW64
    
    Win64の場合
    C:\Windows\System32
    


以上でTEdgeBrowserコンポーネントを使用するための環境設定は完了です。

TEdgeBrowserのサンプル

TEdgeBrowserコンポーネントを使用できるようになったら、実際に試してみましょう。

サンプルプログラムは、以下のパスに配置されています。


C++Builder:

C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\21.0\Samples\CPP\VCL\WebBrowser\Edge

Delphi:

C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\21.0\Samples\Object Pascal\VCL\WebBrowser\Edge

なお、TWebBrowserからTEdgeBrowserへ移行する場合、注意すべき差違があるため、詳しくはこちらを参照ください。

まとめ

TEdgeBrowserを利用したアプリケーションを実行した場合、上述した実行環境の設定が欠けていてもエラーは発生しませんが、 フォームには何も表示されません。

もしこのような問題に遭遇した場合には、以下のポイントをもう一度確認してください。

  • Microsoft Edgeのインストール
  • アプリケーションの実行パス内にWebView2Loader.dllが配置されている


EdgeView2 SDKの最新版は、NuGet経由で入手できます。 ただし、入手したWebView2Loader.dllとの組み合わせによってはTEdgeBrowserが動作しないことがあります。 そのため、GetItパッケージマネージャから入手できるバージョンのご利用をお勧めいたします。