System.TypInfo

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索


パッケージ rtl270.bpl

クラス

EPropertyConvertErrorEPropertyConvertError は,プロパティの値を取得または設定するときに発生する型エラーの例外クラスです。
EPropertyErrorEPropertyError は,プロパティの値を設定できなかったときに生成される例外クラスです。
TPublishableVariantTypeTPublishableVariantType は,Variant のデータを表すオブジェクトのパブリッシュプロパティを表面化させる,カスタム Variant 型の基本クラスです。

ルーチン

AddEnumElementAliases
ByteOffsetOfSet
FreeAndNilPropertiesオブジェクトであるプロパティ値を解放し,それらの値を nil(Delphi)または NULL(C++)に設定します。
GetAnsiStrPropAnsiString 型のコンポーネント プロパティの値を返します。
GetConstRecordArgMode
GetDynArrayProp動的配列型であるコンポーネント プロパティの値を返します。
GetEnumName値を与えられた Delphi 列挙型定数の名前を返します。
GetEnumProp列挙型であるコンポーネント プロパティの値を返します。
GetEnumValue指定した文字列表現の列挙型の値を返します。
GetFloatPropfloat 型であるコンポーネント プロパティの値を返します。
GetInt64PropInt64 型であるコンポーネント プロパティの値を返します。
GetInterfacePropインターフェイス型であるコンポーネント プロパティの値を返します。
GetMethodPropメソッド型であるコンポーネント プロパティの値を返します。
GetObjectPropオブジェクト型であるコンポーネント プロパティの値を返します。
GetObjectPropClassオブジェクト型であるコンポーネント プロパティのクラス型を返します。
GetOrdProp通常型またはクラス型であるコンポーネント プロパティの値を返します。
GetPropInfoコンポーネントのプロパティに関する情報を取得します。
GetPropInfosコンポーネント プロパティのリストを取得します。
GetPropListコンポーネント プロパティのリストを取得します。
GetPropName与えられた PPropInfo で識別されるコンポーネント プロパティの名前を返します。
GetPropValueコンポーネントのプロパティ値をバリアントとして取得します。
GetRawByteStrProp
GetSetElementName与えられた定数の文字列表現を返します。
GetSetElementValue名前で識別される与えられた定数の整数表現を返します。
GetSetProp集合型であるコンポーネント プロパティの値を返します。
GetStrProp文字列型であるコンポーネント プロパティの値を返します。
GetTypeData型に関する情報へのポインタが返されます。
GetTypeName型情報レコードから型の名前を返します。
GetUnicodeStrProp(非推奨)UnicodeString 型のコンポーネント プロパティの値を返します。
GetVariantPropバリアント型であるコンポーネント プロパティの値を返します。
GetWideStrPropWideString 型であるコンポーネント プロパティの値を返します。
HasCustomAttribute
HasWeakRef
IsPublishedProp指定したコンポーネント プロパティがパブリッシュされたプロパティであるかどうかを判定します。
IsStoredProp指定したコンポーネント プロパティが stored 属性を持っているかどうかを判定します。
PropIsTypeコンポーネント プロパティが特定のデータ型のものかどうかを判定します。
PropTypeコンポーネントのプロパティ型を取得します。
RemoveEnumElementAliases
SamePropTypeName与えられた 2 つのプロパティ名が同じかどうかをチェックします。
SetAnsiStrPropAnsiString 型のコンポーネント プロパティの値を設定します。
SetDynArrayProp動的配列型であるコンポーネント プロパティの値を設定します。
SetEnumProp列挙型であるコンポーネント プロパティの値を設定します。
SetFloatPropfloat 型であるコンポーネント プロパティの値を設定します。
SetInt64PropInt64 型であるコンポーネント プロパティの値を設定します。
SetInterfacePropインターフェイス型であるコンポーネント プロパティの値を設定します。
SetMethodPropメソッド型であるコンポーネント プロパティの値を設定します。
SetObjectPropオブジェクト型であるコンポーネント プロパティの値を設定します。
SetOrdProp順序型であるコンポーネント プロパティの値を設定します。
SetPropValueバリアント値を使ってコンポーネント プロパティの値を設定します。
SetRawByteStrProp
SetSetProp集合型であるコンポーネント プロパティの値を設定します。
SetStrProp文字列型であるコンポーネント プロパティの値を設定します。
SetToStringコンポーネントのプロパティの 1 つ以上の集合値を返します。
SetUnicodeStrProp(非推奨)UnicodeString 型のコンポーネント プロパティの値を設定します。
SetVariantPropバリアント型であるコンポーネント プロパティの値を設定します。
SetWideStrPropWideString 型であるコンポーネント プロパティの値を設定します。
SizeOfSet
SortPropListコンポーネント プロパティのリストを英数字順にソートします。
StringToSet集合型のコンポーネント プロパティの集合値のビット マスクを返します。

PArrayPropInfo
PArrayTypeDataPArrayTypeData は、配列の RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PAttrData
PAttrEntryPAttrEntry は、属性を表すために内部的に使われるものです。
PFieldExEntryPFieldExEntry は、フィールドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PIntfMethodEntryPIntfMethodEntry は、メソッドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PIntfMethodEntryTailPIntfMethodEntryTail は、メソッドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PIntfMethodParamPIntfMethodParam は、メソッド パラメータの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PIntfMethodParamTailPIntfMethodParamTail は、メソッド パラメータの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PIntfMethodTableTIntfMethodTable は、メソッドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PManagedFieldPManagedField は、管理対象フィールドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PProcedureParamPProcedureParam は、手続きパラメータの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PProcedureSignaturePProcedureSignature は、手続きの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PPropDataPPropData は、プロパティの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PPropDataExPPropDataEx は、プロパティの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PPropInfoPPropInfo は、コンポーネント プロパティ情報を保持する TPropInfo レコードへのポインタです。
PPropInfoExPPropInfoEx は、プロパティの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PPropListTPropList 配列へのポインタを定義します。
PPTypeInfoTypeInfo から返されたデータ型の情報に対するポインタへのポインタを保持します。
PRecordTypeFieldPRecordTypeField は、レコード フィールドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PRecordTypeMethod
PTypeDataPTypeData は、コンポーネント プロパティ型情報を保持する TTypeData レコードへのポインタです。
PTypeInfoTypeInfo から返されたデータ型の情報に対するポインタを保持します。
PVmtFieldClassTabPVmtFieldClassTab は、インスタンス フィールドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PVmtFieldEntryPVmtFieldEntry は、インスタンス フィールドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PVmtFieldTablePVmtFieldTable は、インスタンス フィールドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PVmtMethodEntryPVmtMethodEntry は、メソッドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PVmtMethodEntryTailPVmtMethodEntryTail は、メソッドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PVmtMethodExEntryPVmtMethodExEntry は、メソッドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PVmtMethodParamPVmtMethodParam は、メソッド パラメータの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
PVmtMethodTablePVmtMethodTable は、メソッドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
System_Typinfo
TArrayPropInfo
TArrayTypeDataTArrayTypeData は、配列の RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TAttrDataTAttrData は、属性を格納するために内部的に使われるものです。
TAttrEntryTAttrEntry は、属性を表すために内部的に使われるものです。
TCallConvDelphi がサポートしている利用可能な呼び出し規約を列挙します。
TConstRecordArgMode
TFieldExEntryTFieldExEntry は、フィールドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TFloatTypeTTypeData レコード内の浮動小数点数型を列挙します。
TIntfFlagTTypeData レコード内のインターフェイス フラグ型を列挙します。
TIntfFlagsTTypeData レコード内のインターフェイス フラグ型を列挙します。
TIntfFlagsBaseTTypeData レコード内のインターフェイス フラグ型の集合です。
TIntfMethodEntryTIntfMethodEntry は、メソッドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TIntfMethodEntryTailTIntfMethodEntryTail は、メソッドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TIntfMethodParamTIntfMethodParam は、メソッド パラメータの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TIntfMethodParamTailTIntfMethodParamTail は、メソッド パラメータの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TIntfMethodTableTIntfMethodTable は、メソッドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TManagedFieldTManagedField は、管理対象フィールドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TMemberVisibilityクラス、インターフェイス、またはレコード メンバに指定可能な可視性指定子を列挙します。
TMethodKindTTypeData レコード内のメソッド型を列挙します。
TOrdTypeTTypeData レコード内のインターフェイス フラグ型を列挙します。
TParamFlagTParamFlag および TParamFlags は,メソッドパラメータの属性を示します。
TParamFlagsTParamFlagTParamFlags は、メソッド パラメータの属性を示します。
TParamFlagsBaseTParamFlagTParamFlagsBase は、メソッド パラメータの属性を示します。
TProcedureParamTProcedureParam は、手続きパラメータの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TProcedureSignatureTProcedureSignature は、手続きの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TPropDataTPropData は、プロパティの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TPropDataExTPropDataEx は、プロパティの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TPropInfoTPropInfo は、コンポーネント プロパティの型情報のレコードです。
TPropInfoExTPropInfoEx は、プロパティの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TPropInfoProcTPropInfoProc は、プロパティ情報を取得する際に内部的に使われるものです。
TPropListPPropInfo 値の配列を定義します。
TRecordTypeFieldTRecordTypeField は、レコード フィールドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TRecordTypeMethod
TSymbolNameTTypeData レコードの中で一般的に使用できる、固定長文字列を定義します。
TSymbolNameBase
TTypeDataTTypeData は、型情報を表すために内部的に使用されます。
TTypeInfo

TypeInfo から返されたデータ型の情報を保持します。

TTypeInfoFieldAccessor
TTypeKindこれらの型は,フォームデザイナで操作される型を示します。
TTypeKindsTTypeKind 値の集合を定義します。
TVmtFieldClassTabTVmtFieldClassTab は、インスタンス フィールドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TVmtFieldEntryTVmtFieldEntry は、インスタンス フィールドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TVmtFieldTableTVmtFieldTable は、インスタンス フィールドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TVmtMethodEntryTVmtMethodEntry は、メソッドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TVmtMethodEntryTailTVmtMethodEntryTail は、メソッドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TVmtMethodExEntryTVmtMethodExEntry は、メソッドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TVmtMethodParamTVmtMethodParam は、メソッド パラメータの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。
TVmtMethodTableTVmtMethodTable は、メソッドの RTTI 情報を格納するために内部的に使われるものです。

変数

BooleanIdentstrue および false の文字列表現の配列です。
DotSepドット('.')文字を示します。
IsStoredPropCA

定数

PROPSLOT_FIELDPROPSLOT_FIELD: Integer = $FF000000;
PROPSLOT_MASKPROPSLOT_MASK: Integer = $FF000000;
PROPSLOT_VIRTUALPROPSLOT_VIRTUAL: Integer = $FE000000;
tkAnytkAny: Set = [tkUnknown..tkMRecord];
tkMethodstkMethods: Set = [tkMethod];
tkPropertiestkProperties: Set = [tkInteger..tkClass,tkWChar..tkMRecord];