System.UITypes

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索


他の作業の中でも、UITypes ユニットは、キーボード キーのスキャン コードのためのシンボリック定数を提供する、Virtual Keys を定義します。

パッケージ rtl270.bpl

ルーチン

IsAbortResultユーザーが[中止][キャンセル]を選択したことを AModalResult パラメータが示しているかどうかを確認します。
IsAnAllResult[すべて][すべてはい][すべていいえ]のいずれかをユーザーが選択したことを AModalResult パラメータが示しているかどうかを確認します。
IsNegativeResultユーザーが[いいえ][すべていいえ]を選択したことを AModalResult パラメータが示しているかどうかを確認します。
IsPositiveResult[OK][はい][すべてはい][すべて]のいずれかをユーザーが選択したことを AModalResult パラメータが示しているかどうかを確認します。
StripAllFromResult"すべて" という言葉に言及している値の AModalResult を、対応する単純な値に変換します。

PAlphaColor

PAlphaColor は、TAlphaColor を指すポインタです。

PAlphaColorF
PAlphaColorRec

PAlphaColorRec は、TAlphaColorRec を指すポインタです。

PColor
PColorRec
System_Uitypes
TAlphaColorTAlphaColor は、アルファ色を指定するために使用されます。
TAlphaColorF

TAlphaColorF は、R、G、B、A の各成分を浮動小数点数として扱う色の型です。

TAlphaColorRec

TAlphaColorRec によって色チャネル レコードにアクセスすることができます。

TAlphaColors
TAnchorKind

TAnchorKind は、コントロールが親に対してどうアンカー設定(固定)されるかを指定します。

TAnchors
TBorderIcon
TBorderIcons
TCalDayOfWeek1 週間内の日付の 1 つを定義します。
TCloseAction
TColor TColor は、コントロールの色を指定するために使用されます。
TColorRec

TColorRec によって色チャネル レコードにアクセスすることができます。

TColorRef
TColors
TCursor
TDialogType
TDragKind
TDragMode TDragMode は、コントロールがどのようにドラッグ オペレーションを初期化するか示します。
TDragState
TEditCharCaseテキストの文字の大小を列挙したものです。
TFontCharset

TFontCharset はフォントの文字セットを表します。

TFontDataName
TFontName

フォントの書体名を表す文字列です。

TFontPitchフォント ピッチの型。
TFontQuality
TFontStyle

TFontStyleTFontStyles は、フォントのスタイル特性を指定します。

TFontStyles

TFontStyleTFontStyles は、フォントのスタイル特性を指定します。

TFontStylesBase
TImageIndex
TImageName
TModalResultモーダル フォームが閉じられたかどうか、および、どのように閉じられたかを示します。
TMouseActivate
TMouseButton
TMsgDlgBtnダイアログ ボックス ボタンを表します。
TMsgDlgButtons ダイアログ ボックスのボタンDelphi セット
TMsgDlgTypeダイアログ ボックスのタイプで、通常、その概観に影響します。
TOpenOption
TOpenOptionEx

ファイル選択ダイアログ ボックスに 1 つの拡張オプション ofExNoPlacesBar を設定します。

TOpenOptionsTOpenOption および TOpenOptions により、ファイル選択ダイアログ(FMX.Dialogs.TOpenDialog など)の動作が決まります。
TOpenOptionsEx
TPageMeasureUnits
TPageSetupDialogOptionFMX.Printer.TPageSetupDialog コンポーネントのオプションを指定します。
TPageSetupDialogOptionsSystem.UITypes.TPageSetupDialogOptions 型は、System.UITypes.TPageSetupDialogOption 値のセットです。
TPageType
TPrintDialogOptionFMX.Printer.TPrintDialog コンポーネントのオプションを指定します。
TPrintDialogOptionsSystem.UITypes.TPrintDialogOptions 型は、System.UITypes.TPrintDialogOption 値のセットです。
TPrinterCapabilities
TPrinterCapability
TPrinterKind
TPrinterOrientation
TPrinterState
TPrintRange
TScrollCode
TScrollStyle
TTabOrder
TTouchTrackingタッチ追跡方向を定義します。
TWindowStateTWindowState は、フォームが、最大化、最小化、通常サイズのいずれかかを示します。

定数

cgiFirstcgiFirst: Integer = $FFFFFE00;
cgiLastcgiLast: Integer = $FFFFFFFF;
crAppStartcrAppStart: TCursor = $FFFFFFED;
crArrowcrArrow: TCursor = $FFFFFFFE;
crCrosscrCross: TCursor = $FFFFFFFD;
crDefaultcrDefault: TCursor = 0;
crDragcrDrag: TCursor = $FFFFFFF4;
crHandPointcrHandPoint: TCursor = $FFFFFFEB;
crHelpcrHelp: TCursor = $FFFFFFEC;
crHourGlasscrHourGlass: TCursor = $FFFFFFF5;
crHSplitcrHSplit: TCursor = $FFFFFFF2;
crIBeamcrIBeam: TCursor = $FFFFFFFC;
crMultiDragcrMultiDrag: TCursor = $FFFFFFF0;
crNocrNo: TCursor = $FFFFFFEE;
crNoDropcrNoDrop: TCursor = $FFFFFFF3;
crNonecrNone: TCursor = $FFFFFFFF;
crSizecrSize: TCursor = $FFFFFFEA;
crSizeAllcrSizeAll: TCursor = $FFFFFFEA;
crSizeNESWcrSizeNESW: TCursor = $FFFFFFFA;
crSizeNScrSizeNS: TCursor = $FFFFFFF9;
crSizeNWSEcrSizeNWSE: TCursor = $FFFFFFF8;
crSizeWEcrSizeWE: TCursor = $FFFFFFF7;
crSQLWaitcrSQLWait: TCursor = $FFFFFFEF;
crUpArrowcrUpArrow: TCursor = $FFFFFFF6;
crVSplitcrVSplit: TCursor = $FFFFFFF1;
idAbortidAbort: Integer = 3;
idCancelidCancel: Integer = 2;
idCloseidClose: Integer = 8;
idContinueidContinue: Integer = $B;
idHelpidHelp: Integer = 9;
idIgnoreidIgnore: Integer = 5;
idNoidNo: Integer = 7;
idOKidOK: Integer = 1;
idRetryidRetry: Integer = 4;
idTryAgainidTryAgain: Integer = $A;
idYesidYes: Integer = 6;
igiBeginigiBegin: Integer = $101;
igiDoubleTapigiDoubleTap: Integer = $109;
igiEndigiEnd: Integer = $102;
igiFirstigiFirst: Integer = $100;
igiLastigiLast: Integer = $1FF;
igiLongTapigiLongTap: Integer = $108;
igiPanigiPan: Integer = $104;
igiPressAndTapigiPressAndTap: Integer = $107;
igiRotateigiRotate: Integer = $105;
igiTwoFingerTapigiTwoFingerTap: Integer = $106;
igiZoomigiZoom: Integer = $103;
LF_FACESIZELF_FACESIZE: Integer = $20;
mrAbortmrAbort: Integer = 3;
mrAllmrAll: Integer = $C;
mrCancelmrCancel: Integer = 2;
mrClosemrClose: Integer = 8;
mrContinuemrContinue: Integer = $B;
mrHelpmrHelp: Integer = 9;
mrIgnoremrIgnore: Integer = 5;
mrNomrNo: Integer = 7;
mrNonemrNone: Integer = 0;
mrNoToAllmrNoToAll: Integer = $D;
mrOkmrOk: Integer = 1;
mrRetrymrRetry: Integer = 4;
mrTryAgainmrTryAgain: Integer = $A;
mrYesmrYes: Integer = 6;
mrYesToAllmrYesToAll: Integer = $E;
rgiFirstrgiFirst: Integer = $FFFFFC00;
rgiLastrgiLast: Integer = $FFFFFDFF;
sgiChecksgiCheck: Integer = $18;
sgiChevronDownsgiChevronDown: Integer = $20;
sgiChevronLeftsgiChevronLeft: Integer = $21;
sgiChevronRightsgiChevronRight: Integer = $22;
sgiChevronUpsgiChevronUp: Integer = $1F;
sgiCirclesgiCircle: Integer = $1B;
sgiCurlicuesgiCurlicue: Integer = $19;
sgiDoubleCirclesgiDoubleCircle: Integer = $1C;
sgiDoubleCurlicuesgiDoubleCurlicue: Integer = $1A;
sgiDownsgiDown: Integer = 4;
sgiDownLeftsgiDownLeft: Integer = 7;
sgiDownLeftLongsgiDownLeftLong: Integer = $13;
sgiDownRightsgiDownRight: Integer = 8;
sgiDownRightLongsgiDownRightLong: Integer = $14;
sgiDownUpsgiDownUp: Integer = $E;
sgiFirstsgiFirst: Integer = 1;
sgiLastsgiLast: Integer = $22;
sgiLeftsgiLeft: Integer = 1;
sgiLeftDownsgiLeftDown: Integer = $A;
sgiLeftRightsgiLeftRight: Integer = $F;
sgiLeftUpsgiLeftUp: Integer = 9;
sgiNoGesturesgiNoGesture: Integer = 0;
sgiRightsgiRight: Integer = 2;
sgiRightDownsgiRightDown: Integer = $C;
sgiRightLeftsgiRightLeft: Integer = $10;
sgiRightUpsgiRightUp: Integer = $B;
sgiScratchoutsgiScratchout: Integer = $15;
sgiSemiCircleLeftsgiSemiCircleLeft: Integer = $1D;
sgiSemiCircleRightsgiSemiCircleRight: Integer = $1E;
sgiSquaresgiSquare: Integer = $17;
sgiTrianglesgiTriangle: Integer = $16;
sgiUpsgiUp: Integer = 3;
sgiUpDownsgiUpDown: Integer = $D;
sgiUpLeftsgiUpLeft: Integer = 5;
sgiUpLeftLongsgiUpLeftLong: Integer = $11;
sgiUpRightsgiUpRight: Integer = 6;
sgiUpRightLongsgiUpRightLong: Integer = $12;
vk0vk0: Integer = $30;
vk1vk1: Integer = $31;
vk2vk2: Integer = $32;
vk3vk3: Integer = $33;
vk4vk4: Integer = $34;
vk5vk5: Integer = $35;
vk6vk6: Integer = $36;
vk7vk7: Integer = $37;
vk8vk8: Integer = $38;
vk9vk9: Integer = $39;
vkAvkA: Integer = $41;
vkAcceptvkAccept: Integer = $1E;
vkAddvkAdd: Integer = $6B;
vkAppsvkApps: Integer = $5D;
vkAttnvkAttn: Integer = $F6;
vkBvkB: Integer = $42;
vkBackvkBack: Integer = 8;
vkBackslashvkBackslash: Integer = $DC;
vkBrowserBackvkBrowserBack: Integer = $A6;
vkBrowserFavoritesvkBrowserFavorites: Integer = $AB;
vkBrowserForwardvkBrowserForward: Integer = $A7;
vkBrowserHomevkBrowserHome: Integer = $AC;
vkBrowserRefreshvkBrowserRefresh: Integer = $A8;
vkBrowserSearchvkBrowserSearch: Integer = $AA;
vkBrowserStopvkBrowserStop: Integer = $A9;
vkCvkC: Integer = $43;
vkCameravkCamera: Integer = $88;
vkCancelvkCancel: Integer = 3;
vkCapitalvkCapital: Integer = $14;
vkClearvkClear: Integer = $C;
vkCommavkComma: Integer = $BC;
vkControlvkControl: Integer = $11;
vkConvertvkConvert: Integer = $1C;
vkCrselvkCrsel: Integer = $F7;
vkDvkD: Integer = $44;
vkDecimalvkDecimal: Integer = $6E;
vkDeletevkDelete: Integer = $2E;
vkDividevkDivide: Integer = $6F;
vkDownvkDown: Integer = $28;
vkEvkE: Integer = $45;
vkEndvkEnd: Integer = $23;
vkEqualvkEqual: Integer = $BB;
vkErEofvkErEof: Integer = $F9;
vkEscapevkEscape: Integer = $1B;
vkExecutevkExecute: Integer = $2B;
vkExselvkExsel: Integer = $F8;
vkFvkF: Integer = $46;
vkF1vkF1: Integer = $70;
vkF10vkF10: Integer = $79;
vkF11vkF11: Integer = $7A;
vkF12vkF12: Integer = $7B;
vkF13vkF13: Integer = $7C;
vkF14vkF14: Integer = $7D;
vkF15vkF15: Integer = $7E;
vkF16vkF16: Integer = $7F;
vkF17vkF17: Integer = $80;
vkF18vkF18: Integer = $81;
vkF19vkF19: Integer = $82;
vkF2vkF2: Integer = $71;
vkF20vkF20: Integer = $83;
vkF21vkF21: Integer = $84;
vkF22vkF22: Integer = $85;
vkF23vkF23: Integer = $86;
vkF24vkF24: Integer = $87;
vkF3vkF3: Integer = $72;
vkF4vkF4: Integer = $73;
vkF5vkF5: Integer = $74;
vkF6vkF6: Integer = $75;
vkF7vkF7: Integer = $76;
vkF8vkF8: Integer = $77;
vkF9vkF9: Integer = $78;
vkFinalvkFinal: Integer = $18;
vkFunctionvkFunction: Integer = $3F;
vkGvkG: Integer = $47;
vkHvkH: Integer = $48;
vkHangulvkHangul: Integer = $15;
vkHanjavkHanja: Integer = $19;
vkHardwareBackvkHardwareBack: Integer = $89;
vkHelpvkHelp: Integer = $2F;
vkHomevkHome: Integer = $24;
vkIvkI: Integer = $49;
vkIco00vkIco00: Integer = $E4;
vkIcoClearvkIcoClear: Integer = $E6;
vkIcoHelpvkIcoHelp: Integer = $E3;
vkInsertvkInsert: Integer = $2D;
vkJvkJ: Integer = $4A;
vkJunjavkJunja: Integer = $17;
vkKvkK: Integer = $4B;
vkKanavkKana: Integer = $15;
vkKanjivkKanji: Integer = $19;
vkLvkL: Integer = $4C;
vkLaunchApp1vkLaunchApp1: Integer = $B6;
vkLaunchApp2vkLaunchApp2: Integer = $B7;
vkLaunchMailvkLaunchMail: Integer = $B4;
vkLaunchMediaSelectvkLaunchMediaSelect: Integer = $B5;
vkLButtonvkLButton: Integer = 1;
vkLCommandvkLCommand: Integer = $3D;
vkLControlvkLControl: Integer = $A2;
vkLeftvkLeft: Integer = $25;
vkLeftBracketvkLeftBracket: Integer = $DB;
vkLineFeedvkLineFeed: Integer = $A;
vkLMenuvkLMenu: Integer = $A4;
vkLShiftvkLShift: Integer = $A0;
vkLWinvkLWin: Integer = $5B;
vkMvkM: Integer = $4D;
vkMButtonvkMButton: Integer = 4;
vkMediaNextTrackvkMediaNextTrack: Integer = $B0;
vkMediaPlayPausevkMediaPlayPause: Integer = $B3;
vkMediaPrevTrackvkMediaPrevTrack: Integer = $B1;
vkMediaStopvkMediaStop: Integer = $B2;
vkMenuvkMenu: Integer = $12;
vkMinusvkMinus: Integer = $BD;
vkModeChangevkModeChange: Integer = $1F;
vkMultiplyvkMultiply: Integer = $6A;
vkNvkN: Integer = $4E;
vkNextvkNext: Integer = $22;
vkNonamevkNoname: Integer = $FC;
vkNonConvertvkNonConvert: Integer = $1D;
vkNonevkNone: Integer = $FF;
vkNumLockvkNumLock: Integer = $90;
vkNumpad0vkNumpad0: Integer = $60;
vkNumpad1vkNumpad1: Integer = $61;
vkNumpad2vkNumpad2: Integer = $62;
vkNumpad3vkNumpad3: Integer = $63;
vkNumpad4vkNumpad4: Integer = $64;
vkNumpad5vkNumpad5: Integer = $65;
vkNumpad6vkNumpad6: Integer = $66;
vkNumpad7vkNumpad7: Integer = $67;
vkNumpad8vkNumpad8: Integer = $68;
vkNumpad9vkNumpad9: Integer = $69;
vkOvkO: Integer = $4F;
vkOem102vkOem102: Integer = $E2;
vkOemClearvkOemClear: Integer = $FE;
vkPvkP: Integer = $50;
vkPA1vkPA1: Integer = $FD;
vkPacketvkPacket: Integer = $E7;
vkParavkPara: Integer = $DF;
vkPausevkPause: Integer = $13;
vkPeriodvkPeriod: Integer = $BE;
vkPlayvkPlay: Integer = $FA;
vkPrintvkPrint: Integer = $2A;
vkPriorvkPrior: Integer = $21;
vkProcessKeyvkProcessKey: Integer = $E5;
vkQvkQ: Integer = $51;
vkQuotevkQuote: Integer = $DE;
vkRvkR: Integer = $52;
vkRButtonvkRButton: Integer = 2;
vkRCommandvkRCommand: Integer = $3E;
vkRControlvkRControl: Integer = $A3;
vkReturnvkReturn: Integer = $D;
vkRightvkRight: Integer = $27;
vkRightBracketvkRightBracket: Integer = $DD;
vkRMenuvkRMenu: Integer = $A5;
vkRShiftvkRShift: Integer = $A1;
vkRWinvkRWin: Integer = $5C;
vkSvkS: Integer = $53;
vkScrollvkScroll: Integer = $91;
vkSelectvkSelect: Integer = $29;
vkSemicolonvkSemicolon: Integer = $BA;
vkSeparatorvkSeparator: Integer = $6C;
vkShiftvkShift: Integer = $10;
vkSlashvkSlash: Integer = $BF;
vkSleepvkSleep: Integer = $5F;
vkSnapshotvkSnapshot: Integer = $2C;
vkSpacevkSpace: Integer = $20;
vkSubtractvkSubtract: Integer = $6D;
vkTvkT: Integer = $54;
vkTabvkTab: Integer = 9;
vkTildevkTilde: Integer = $C0;
vkUvkU: Integer = $55;
vkUpvkUp: Integer = $26;
vkVvkV: Integer = $56;
vkVolumeDownvkVolumeDown: Integer = $AE;
vkVolumeMutevkVolumeMute: Integer = $AD;
vkVolumeUpvkVolumeUp: Integer = $AF;
vkWvkW: Integer = $57;
vkXvkX: Integer = $58;
vkXButton1vkXButton1: Integer = 5;
vkXButton2vkXButton2: Integer = 6;
vkYvkY: Integer = $59;
vkZvkZ: Integer = $5A;
vkZoomvkZoom: Integer = $FB;


仮想キー

仮想キーは、ユーザーに押されるキーボード キーのシンボル表現を提供します。仮想キーは FMX.Forms.TCommonCustomForm.KeyDown などのメソッドで使用されます。

仮想キー定数は、PC のキーボード キーのスキャン コードを定義しています。Mac キーボードの場合は、一部のキーのスキャン コードが異なります。FireMonkey では、次の表に定義されている仮想キー定数に等しくなるように Mac のスキャン コードを変換します。

仮想キー コード キーボード キー

vkLButton

マウスの左ボタン

vkRButton

マウスの右ボタン

vkCancel

Ctrl+Break

vkMButton

マウスの中央ボタン(3 ボタン マウスの場合)

vkXButton1

マウスの左サイドボタン

vkXButton2

マウスの右サイドボタン

vkBack

Backspace キー

vkTab

Tab キー

vkLineFeed

改行 $0A

vkClear

Clear キー

vkReturn

Enter キー。Mac のキーボードでは、テンキーの Enter キーは異なるスキャン コードになっていますが、FireMonkey では、それをこの vkReturn 定数値に変換します。

vkShift

Shift キー

vkControl

Ctrl キー

vkMenu

Alt キー

vkPause

Pause キー

vkCapital

Caps Lock キー

vkKana

IME(Input Method Editor)かなモード

vkHagul

IME ハングル モード

vkJunja

IME Junja モード

vkFinal

IME Final モード

vkHanja

IME Hanja モード

vkHardwareBack

Android デバイス上: Back キー -- ユーザーを以前の状態に戻すボタン

vkKanji

IME 漢字モード

vkConvert

IME 変換

vkNonConvert

IME 無変換

vkAccept

IME 使用可能

vkModeChange

IME で使用

vkEscape

Esc キー

vkSpace

スペース キー

vkPrior

PageUp(PgUp)キー

vkNext

PageDown(PgDn)キー

vkEnd

End キー

vkHome

Home キー

vkLeft

← キー

vkUp

↑ キー

vkRight

→ キー

vkDown

↓ キー

vkSelect

Select キー

vkPrint

Print キー(キーボード固有)

vkExecute

Execute キー

vkSnapshot

PrintScreen(Prt Sc)キー

vkInsert

Insert キー

vkDelete

Delete キー

vkHelp

Help キー

vk0

0 キー

vk1

1 キー

vk2

2 キー

vk3

3 キー

vk4

4 キー

vk5

5 キー

vk6

6 キー

vk7

7 キー

vk8

8 キー

vk9

9 キー

vkA

A キー

vkB

B キー

vkC

C キー

vkD

D キー

vkE

E キー

vkF

F キー

vkG

G キー

vkH

H キー

vkI

I キー

vkJ

J キー

vkK

K キー

vkL

L キー

vkM

M キー

vkN

N キー

vkO

O キー

vkP

P キー

vkR

R キー

vkS

S キー

vkT

T キー

vkU

U キー

vkV

V キー

vkW

W キー

vkX

X キー

vkY

Y キー

vkZ

Z キー

vkLWin

左 Windows キー(Microsoft キーボード)

vkRWin

右 Windows キー(Microsoft キーボード)

vkApps

Applications キー(Microsoft キーボード)

vkSleep

コンピュータのスリープ キー

vkNumpad0

0 キー(テンキー)

vkNumpad1

1 キー(テンキー)

vkNumpad2

2 キー(テンキー)

vkNumpad3

3 キー(テンキー)

vkNumpad4

4 キー(テンキー)

vkNumpad5

5 キー(テンキー)

vkNumpad6

6 キー(テンキー)

vkNumpad7

7 キー(テンキー)

vkNumpad8

8 キー(テンキー)

vkNumpad9

9 キー(テンキー)

vkMultiply

  • キー(テンキー)

vkAdd

+ キー(テンキー)

vkSeparator

Separator キー(テンキー)

vkSubtract

- キー(テンキー)

vkDecimal

. キー(テンキー)

vkDivide

/ キー(テンキー)

vkF1

F1 キー

vkF2

F2 キー

vkF3

F3 キー

vkF4

F4 キー

vkF5

F5 キー

vkF6

F6 キー

vkF7

F7 キー

vkF8

F8 キー

vkF9

F9 キー

vkF10

F10 キー

vkF11

F11 キー

vkF12

F12 キー

vkF13

F13 キー

vkF14

F14 キー

vkF15

F15 キー

vkF16

F16 キー

vkF17

F17 キー

vkF18

F18 キー

vkF19

F19 キー

vkF20

F20 キー

vkF21

F21 キー

vkF22

F22 キー

vkF23

F23 キー

vkF24

F24 キー

vkNumLock

Num Lock キー

vkScroll

Scroll Lock キー

vkLShift

左 Shift キー

vkRShift

右 Shift キー

vkLControl

左 Ctrl キー

vkRControl

右 Ctrl キー

vkLMenu

左 Alt キー

vkRMenu

右 Alt キー

vkBrowserBack

(ブラウザの)戻るキー

vkBrowserForward

(ブラウザの)進むキー。Mac のキーボードでは、これは $ キーです。

vkBrowserRefresh

(ブラウザの)更新キー

vkBrowserStop

(ブラウザの)中止キー

vkBrowserSearch

(ブラウザの)検索キー

vkBrowserFavorites

(ブラウザの)お気に入りキー

vkBrowserHome

(ブラウザの)ホーム キー

vkVolumeMute

(音量)ミュート キー

vkVolumeDown

音量 - キー

vkVolumeUp

音量 + キー

vkMediaNextTrack

次のトラック キー

vkMediaPrevTrack

前のトラック キー

vkMediaStop

(メディア)停止キー

vkMediaPlayPause

(メディア)再生/一時停止キー

vkLaunchMail

メール キー

vkLaunchMediaSelect

メディア キー

vkLaunchApp1

カスタム ホット キー 1

vkLaunchApp2

カスタム ホット キー 2

vkSemicolon

セミコロン キー(;

vkEqual

等号キー(=

vkComma

コンマ キー(,

vkMinus

マイナス キー(-

vlPeriod

ピリオド キー(.

vkSlash

スラッシュ キー(/

vkTilde

チルド キー(~

vkLeftBracket

左角かっこキー([

vkBackSlash

キーボードの右側にあるバック スラッシュ(\)キーです。
vkOem102 との違いに注意してください。どちらの実装を使用するかは、キーボード メーカーによります。Microsoft キーボードでは、vkOem102 は、キーボードの左側にあるバック スラッシュ(\)キーに相当します。

vkRightBracket

右角かっこキー(]

vkQuote

引用符キー("

vkProcessKey

IME PROCESS キー

vkPacket

Unicode 文字をあたかもキー入力であるかのように渡すのに使用されます。vkPacket キーは、キーボード以外の入力手段に使用される 32 ビット仮想キー値の下位ワードです (Windows 2000/XP の場合)。

vkAttn

Attn キー

vkCrsel

CrSel キー

vkExsel

ExSel キー

vkErEof

Erase EOF キー

vkPlay

Play キー

vkZoom

Zoom キー

vkNoname

将来の使用に備えて予約されています

vkPA1

PA1 キー

vkOemClear

Clear キー

vkOem102

キーボード メーカーによります。
日本語 Mac キーボードでは、vkOem102 は円記号(¥)キーに相当します。
Microsoft キーボードでは、vkOem102 は、キーボードの左側にあるバック スラッシュ(\)キーに相当します。キーボードの右側にあるバック スラッシュ(\)キーに相当する vkBackSlash との違いに注意してください。

vkNone

キーボード メーカーによります。
日本語 Mac キーボードでは、vkNone は、 Shift キーの左側にあるアンダースコア キーです。
vkNone は、通常、他のキーボードには表示されません。