Vcl.Controls

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索


パッケージ vcl270.bpl

クラス

EGestureExceptionEGestureException はジェスチャ エラーの例外クラスです。
IDockManagerIDockManager は、ドッキング マネージャに対するインターフェイスです。
TBalloonHintコントロールに追加されたバルーン ヒント コンポーネントです。
TBaseDragControlObjectTBaseDragControlObject オブジェクトは,ドラッグアンドドロップ操作またはドラッグアンドドック操作をサポートします。
TControlTControl は,実行時に可視なすべてのコンポーネントの基本クラスです。
TControlActionTControlAction は、一部の VCL コントロールに関連付けることのできるすべてのアクションの基底クラスです。
TControlActionLinkアクション オブジェクトをクライアント(ジェネリック コントロール)にリンク付けします。
TControlActionLinkClass

TControlActionLinkClass は、TControlActionLink のメタクラスを定義したものです。

TControlCanvasTControlCanvas は,コントロールに関連付けられた特殊なキャンバスオブジェクトです。
TControlClassTControlClass は、TControl のメタクラスを定義します。
TCustomControlWindows スクリーンオブジェクトをラップするが,固有のレンダリングを実行するコントロールの基本クラスです。
TCustomControlActionTCustomControlAction は、一部の VCL コントロールに関連付けることができるすべてのアクションの基底クラスです。
TCustomGestureCollectionTCustomGestureCollection はジェスチャ コレクションの基底クラスです。
TCustomGestureCollectionItemTCustomGestureCollectionItem は、コレクション内のジェスチャを表すのに使用される項目の基底クラスです。
TCustomGestureEngineTCustomGestureEngine は、すべてのジェスチャ エンジンの抽象基底クラスです。
TCustomGestureManagerTCustomGestureManager は、すべてのジェスチャ マネージャ コンポーネントの抽象基底クラスです。
TCustomHintコントロールに追加されるカスタム ヒント コンポーネント。
TCustomHintShowHideThreadカスタム ヒントを描画するためのスレッドです。
TCustomHintWindowヒントを描画するためのプロパティを定義するカスタム ウィンドウ。
TCustomListControlTCustomListControl は、項目のリストを表示するコントロールの基底クラスです。
TCustomMultiSelectListControlTCustomMultiSelectListControl は、リスト コントロールの基底クラスで、複数のアイテムを選択することができます。
TCustomPanningWindowこれは,ユーザーがカスタムパンウィンドウを実装するための上位クラスとして使用する抽象基本クラスです。
TCustomTouchManagerTCustomTouchManager は、TTouchManager クラスのカスタム基底クラスです。
TCustomTransparentControl透過コントロールの基本クラス。
TDockTreeTDockTree は,TWinControl のデフォルトのドッキングマネージャです。
TDockTreeClassTDockTreeClass は、TDockTree のメタクラスを定義します。
TDockZoneTDockZone は、他のゾーンがいくつか含まれている領域を表します。
TDragControlObjectTDragControlObject オブジェクトは,通常のドラッグアンドドロップ操作を管理します。
TDragControlObjectExTDragControlObjectEx オブジェクトは,通常のドラッグアンドドロップ操作を管理します。
TDragDockObjectコントロールのドラッグアンドドック情報を保持します。
TDragDockObjectExコントロールのドラッグアンドドック情報を保持します。
TDragImageListTDragImageList は,ドラッグ操作時に表示される一連のイメージを表します。
TDragObjectTDragObject は,ドラッグ動作を管理するために使用する基本クラスです。
TDragObjectClassTDragObjectClass は、TDragObject のメタクラスを定義します。
TDragObjectExTDragObjectEx は,ドラッグ動作を管理するために使用する基本クラスです。
TGraphicControlTGraphicControl は、すべての軽量コントロールの基底クラスです。
THintWindowTHintWindow は、コントロールの ShowHint プロパティが True に設定されている際、実行時にコントロール上に現れる、小さなポップアップ ウィンドウを実装します。
THintWindowClassTHintWindowClass は、THintWindow のメタクラスを定義します。
TImageListTImageList は、同じサイズの画像のコレクションを表します。各画像は、インデックスを使用して参照できます。
TMarginsコントロールのマージンを格納します。
TMouseTMouse は、マウスについての情報を扱い、アプリケーションがマウス メッセージにどのように応答するかを指定します。
TPaddingコントロールに対するパディングを格納します。
TPanningWindowClassTPanningWindowClass は、TPanningWindow のメタクラスを定義します。
TSizeConstraintsコントロールに対するサイズの制約を格納します。
TTouchManagerTTouchManager はコントロールにジェスチャ オプションを追加します。
TWinControlTWinControl は,Microsoft Windows 画面オブジェクトのラッパーであるすべてのコントロールの基本クラスです。
TWinControlActionLinkTWinControlActionLink は,TWinControl の下位オブジェクトによって使用されるアクションリンクです。
TWinControlActionLinkClassTWinControlActionLinkClass は、TWinControlActionLink のメタクラスを定義します。
TWinControlClassTWinControlClass は,TWinControl のメタクラスを定義します。

ルーチン

AdjustWindowRectExForWindow
CancelDrag進行中のドラッグアンドドロップ処理またはドラッグアンドドック処理を取り消します。
ChangeBiDiModeAlignmentテキストの配置を変更します。
CheckPerMonitorV2SupportForWindow
CursorToIdentカーソルに対応する,事前定義の定数の名前を返します。
CursorToStringカーソルの AnsiString 表現を返します。
DragDoneDragDone は、ドラッグ操作を完了します。
FindControlウィンドウが指定されたハンドルによって識別される、または、指定された位置に現れる、ウィンドウ コントロール(Windows)を返します。
FindDragTarget指定された画面座標にあるコントロールを返します。
FindVCLWindow指定された場所にウィンドウコントロールを返します。
GetCaptureControlマウスのすべてのメッセージを現在受け取るコントロール(存在する場合)を返します。
GetCursorValues事前定義されているカーソル定数をコールバックに渡します。
GetLongHintヘルプ文字列の 2 番めの部分を返します。
GetShortHintヘルプ文字列の最初の部分を返します。
GetSystemMetricsForWindow
IdentToCursor事前定義のカーソル定数をカーソルに変換します。
Imm32GetCompositionString内部使用のためのものです。
Imm32GetContext内部使用のためのものです。
Imm32GetConversionStatus内部使用のためのものです。
Imm32IsIME内部使用のためのものです。
Imm32NotifyIME内部使用のためのものです。
Imm32ReleaseContext内部使用のためのものです。
Imm32SetCompositionFont内部使用のためのものです。
Imm32SetCompositionWindow内部使用のためのものです。
Imm32SetConversionStatus内部使用のためのものです。
Imm32SetOpenStatus内部使用のためのものです。
InitWndProc内部使用のためのものです。
InvalidControlOperation
IsAbortResultモーダル フォーム ダイアログからの戻り値を調べ、[中止] または [キャンセル] をユーザーが選択したかどうかを示します。
IsAnAllResultモーダル フォーム ダイアログからの戻り値を調べ、[すべて]、[すべてはい] 、[すべていいえ] のいずれかをユーザーが選択したかどうかを示します。
IsDragObject指定されたオブジェクトが TDragObject の下位オブジェクトかどうかを示します。
IsNegativeResultモーダル フォーム ダイアログからの戻り値を調べ、[いいえ] または [すべていいえ] をユーザーが選択したかどうかを示します。
IsPositiveResultモーダル フォーム ダイアログからの戻り値を調べ、[OK]、[はい]、[すべてはい]、[すべて] のいずれかをユーザーが選択したかどうかを示します。
IsVCLControlIsVCLControl は、コントロールが VCL コントロールである場合に true を返します。
MouseOriginToShiftState

メッセージがどのように発生したかを判断します。

MoveWindowOrgデバイスコンテキストの原点(0,0)を変更します。
PerformBufferedPrintClientPerformBufferedPrintClient は内部ルーチンです。
PerformEraseBackgroundPerformEraseBackground は、指定されたコントロールの背景を消去します。
SendAppMessageアプリケーションに Windows メッセージを送信します。
SetCaptureControl指定コントロールでマウスのすべてのメッセージを受信します。
SetImeModeSetImeMode は、ウィンドウの IME モードを設定します。
SetImeNameSetImeName は、ウィンドウの IME 名を設定します。
SetTextInputPanelStatus
StringToCursorその文字列表現である TCursor 値を返します。
StripAllFromResultTModalResult 値を「すべて」を表す定数から単純な定数に変換します。
SystemParametersInfoForWindow
Win32NLSEnableIME(非推奨)Win32NLSEnableIME は、内部ルーチンです。

PControlListItemTControlListItem レコードを指すポインタです。
PDockNotifyRecTDockNotifyRec レコードへのポインタです。
PDragRecPDragRec は、TDragRec レコードを指すポインタです。
PGestureEventInfoPGestureEventInfo は、TGestureEventInfo レコードを指すポインタです。
PHintInfoPHintInfo は、THintInfo レコードを指すポインタです。
PMouseActivateRecPMouseActivateRec は、TMouseActivateRec レコードを指すポインタです。
PPopupFormInfoPPopupFormInfo は、TPopupFormInfo レコードを指すポインタです。
TAlignTAlign 型は,その親の範囲内でコントロールのアラインメントを指定します。
TAlignInfoTAlignInfo は、親の内部でのコントロールの位置揃え情報を保持します。
TAlignInsertBeforeEventTAlignInsertBeforeEvent は、OnAlignInsertBefore イベントの関数型です。
TAlignPositionEventTAlignPositionEvent は、OnAlignPosition イベントの関数型です。
TAlignSetTAlignSet は,その親の範囲内で子コントロールのアラインメントを指定します。
TAnchorKindTAnchorKind および TAnchors は、コントロールがどのように親に対して固定されるかを示します。
TAnchorsTAnchors は、コントロールの一連のアンカ値です。
TAnimateWindowProcTAnimateWindowProc は、ウィンドウがアニメーション化されるたびに呼び出される関数の型です。
TBalloonHintIconTBalloonHintIcon は、TBalloonHint のアイコン タイプを列挙します。
TBalloonHintIconSizeTBalloonHintIconSize は、TBalloonHint のアイコン サイズを示します。
TBalloonHintStyleTBalloonHintStyle は、TBalloonHint のスタイルを示します。
TBevelCutTBevelCut はベベルのカットを指定します。
TBevelEdgeTBevelEdge はベベル スタイルにする対象のウィンドウ境界を指定するために使用する列挙型です。
TBevelEdgesTBevelEdges はベベル スタイルにする対象のウィンドウ境界を指定するために使用するタイプのセットです。
TBevelKindTBevelKind は,コントロールに表示されるベベルの種類を指定します。
TBevelWidthTBevelWidth は、コントロールの内部ベベルと外部ベベルの両方の幅をピクセル単位で定義します。
TBorderWidthTBorderWidth は、コントロールの内部ベベルと外部ベベルの間の距離をピクセル単位で定義します。
TCanResizeEventTCanResizeEvent は、OnCanResize イベント ハンドラの型です。.
TCanvasDCTCanvasDC は、HDC のエイリアスです。
TCaptionTCaption は,Caption プロパティの型です。
TCMActivateTCMActivate は、CM_ACTIVATE メッセージが使用するレコードです。
TCMCancelModeVCL コントロールのキャンセル状態を表します。
TCMChangedVCL の変更通知を表します。
TCMChildKeyVCL のキーが押されたことを知らせる通知を表します。
TCMControlChangeVCL コントロールの変更通知を表します。
TCMControlListChangeTCMControlListChange は、CM_CONTROLLISTCHANGE メッセージと共に使用されます。
TCMControlListChangingTCMControlListChanging 型は、リスト内の項目が変更される前にリスト コントロールに送られます。
TCMCreatePopupTCMCreatePopup は、CM_CREATEPOPUP メッセージと共に使用されます。
TCMDeactivateTCMDeactivate は、CM_DEACTIVATE メッセージが使用するレコードです。
TCMDesignHitTestTCMDesignHitTest は、CM_DESIGNHITTEST メッセージが使用するレコードです。
TCMDialogCharTCMDialogChar は、CM_DIALOGCHAR メッセージが使用するレコードです。
TCMDialogKeyTCMDialogKey は、CM_DIALOGKEY メッセージが使用するレコードです。
TCMDockClientTCMDockClient は、CM_DOCKCLIENT メッセージと共に使用されます。
TCMDockNotificationTCMDockNotification は、CM_DOCKNOTIFICATION メッセージと共に使用されます。
TCMDragTCMDrag は、CM_DRAG メッセージと共に使用されます。
TCMEnterTCMEnter は、CM_ENTER メッセージが使用するレコードです。
TCMExitTCMExit は、CM_EXIT メッセージが使用するレコードです。
TCMFloatTCMFloat は、CM_FLOAT メッセージと共に使用されます。
TCMFocusChangedTCMFocusChanged は、CM_FOCUSCHANGED メッセージと共に使用されます。
TCMGestureTCMGesture は、ジェスチャ イベント メッセージに使用されます。
TCMGotFocusTCMGotFocus は、CM_GOTFOCUS メッセージが使用するレコードです。
TCMHintShowTCMHintShow は、CM_HINTSHOW メッセージと共に使用されます。
TCMHitTestTCMHitTest は、CM_HITTEST メッセージが使用するレコードです。
TCMLostFocusTCMLostFocus は、CM_LOSTFOCUS メッセージが使用するレコードです。
TCMMouseActivateTCMMouseActivate は、CM_MOUSEACTIVATE メッセージと共に使用されます。
TCMMouseWheelTCMMouseWheel は、CM_MOUSEWHEEL メッセージと共に使用されます。
TCMParentFontChangedTCMParentFontChanged は、CM_PARENTFONTCHANGED メッセージと共に使用されます。
TCMPopupHWndDestroyTCMPopupHWndDestroy は、CM_POPUPHWNDDESTROY メッセージと共に使用されます。
TCMRemoteSessionStatusChanged
TCMUnDockClientTCMUnDockClient は、CM_UNDOCKCLIENT メッセージと共に使用されます。
TCMWantSpecialKeyTCMWantSpecialKey は、CM_WANTSPECIALKEY メッセージが使用するレコードです。
TConstrainedResizeEventTConstrainedResizeEvent は、OnConstrainedResize イベントの関数型です。
TConstraintSizeTConstraintSize は、サイズ制限の範囲を指定します。
TContextPopupEventTContextPopupEvent は、OnContextPopup イベントの関数型です。
TControlListItemTControlListItem は、コントロール リストで使用される項目を表します。
TControlStateTControlState は,コントロールの現在の状態を示します。
TControlStyleTControlStyle は、コントロールの現在のスタイルを記述するものです。
TCreateParamsTCreateParams は、ウィンドウ作成パラメータのレコードで、作成するウィンドウ化コントロールのウィンドウのタイプを指定します。
TCursorTCursor はカーソルのタイプを識別します。
TCustomDataTCustomData は、型指定のないポインタのエイリアスです。
TCustomLongDataTCustomLongDataLongint のエイリアスです。
TDockDropEventTDockDropEvent は、OnDockDrop イベント ハンドラの型です。.
TDockNotifyRecTDockNotifyRec は,Windows のドッキング通知メッセージからの情報を表し,PDockNotifyRec は TDockNotifyRec 値へのポインタです。
TDockOrientationTDockOrientation は,ドッキングゾーンでのコントロールの方向を指定します。
TDockOverEventTDockOverEvent は、OnDockOver イベント ハンドラの型です。.
TDragDropEventTDragDropEvent は、OnDragDrop イベントの関数型です。
TDragKindTDragKind は,コントロールをドラッグしたときに発生する操作の種類を示します。
TDragMessageTDragMessage は、コントロールによって実行されるドラッグ操作の型を表します。
TDragModeTDragMode は、コントロールが、どのようにドラッグ操作を初期化するかを示します。
TDragOverEventTDragOverEvent は、OnDragOver イベントの関数型です。
TDragRecTDragRec は、ドラッグされているオブジェクトの位置を指定します。
TDragStateTDragState 型は,マウスポインタがコントロールとの位置関係でどのように移動しているかを指定するのに使用します。
TDragTargetTDragTarget は、ドラッグ操作のターゲットを表します。
TEndDragEvent

TEndDragEvent は、ドラッグ操作が終了したときに発生するイベントの型です。

TForEachZoneProcTForEachZoneProc は、内部で使用されます。
TGestureArray

ジェスチャ コレクション項目の配列を表します。

TGestureEventTGestureEvent は、ジェスチャ関連のイベント(OnGesture など)に使用される関数型です。
TGestureEventInfoジェスチャ イベントを記述します。
TGestureIDTGestureID 型は、ジェスチャを識別するために使われます。
TGestureOption設定可能なジェスチャ オプションを列挙したものです。
TGestureOptions設定可能なジェスチャ オプションの集合を指定します。
TGesturePointArrayジェスチャ ポイントの配列を表します。
TGestureType設定可能なジェスチャ タイプを列挙したものです。
TGestureTypesジェスチャ タイプの集合を示します。
TGetSiteInfoEventTGetSiteInfoEvent は、OnGetSiteInfo イベント ハンドラの型です。.
THintInfo

THintInfo は、ヘルプ ウィンドウの外見と動作を定義するのに使用されます。

TImeModeTImeMode は,Input Method Editor(IME)の現在のモードを示します。
TImeNameTImeName は,Input Method Editor の名前を示します。
TInteractiveGestureサポートされる対話型ジェスチャを列挙します。
TInteractiveGestureFlagある対話型ジェスチャ イベントが指定可能なフラグを列挙します。
TInteractiveGestureFlagsある対話型ジェスチャ イベントに設定可能な一連のフラグを指定します。
TInteractiveGestureOptionある対話型ジェスチャに設定可能なオプションを列挙します。
TInteractiveGestureOptionsある対話型ジェスチャに設定可能なオプションを指定します。
TInteractiveGestures一連の対話型ジェスチャを指定します。
TKeyEvent

TKeyEvent は、キー通知イベントに使用されるメソッド型を表します。

TKeyPressEventTKeyPressEvent は、OnKeyPress イベントの関数型です。
TMarginSizeTMarginSize は、コントロールのマージンの境界を指定します。
TModalResultTModalResult は,モード付きダイアログからの戻り値を表します。
TMouseActivateTMouseActivate は,OnMouseActivate イベントの値を定義します。
TMouseActivateEventTMouseActivateEvent は、OnMouseActivate イベントの関数型です。
TMouseActivateRecTMouseActivateRec は、内部で使用されます。
TMouseButtonTMouseButton は,マウスイベントハンドラのマウスボタンを識別します。
TMouseEventTMouseEvent は、OnMouseDown イベントまたは OnMouseUp イベントの関数型です。
TMouseMoveEventTMouseMoveEvent は、OnMouseMove イベントの関数型です。
TMouseWheelEventTMouseWheelEvent は、OnMouseWheel イベントの関数型です。
TMouseWheelUpDownEventTMouseWheelUpDownEvent は、OnMouseWheelUp および OnMouseWheelDown イベントの関数型です。
TOriginalParentCalcType
TPopupFormInfoTPopupFormInfo は、内部で使用されます。
TReservedControlDataTReservedControlData は、型指定のないポインタのエイリアスです。
TScalingFlagsTScalingFlags は,コントロールがどのようにスケール変更されているかを表します。
TStandardGestureサポートされる標準ジェスチャを列挙します。
TStandardGesturesサポートされる一連の標準ジェスチャを指定します。
TStartDockEventTStartDockEvent は、OnStartDock イベント ハンドラの型です。.
TStartDragEventTStartDragEvent は、OnStartDrag イベントの関数型です。
TStyleElements

現在のスタイルのどの要素がコントロールに対して有効になるかを示します。

TTabletOptionタブレット デバイス イベントに対して、利用可能なオプションを列挙します。
TTabletOptionsタブレット デバイス イベントに設定可能な一連のオプションを指定します。
TTabOrderTTabOrder は、コントロールのタブ順序を定義します。
TTipMode
TTouchPropertyTCustomTouchManager のオプション プロパティを列挙したものです。
TUnDockEventTUnDockEvent は、OnUnDock イベント ハンドラの型です。.
TWindowProcPtrTWindowProcPtr は、型指定のないポインタのエイリアスです。
Vcl_Controls__21
Vcl_Controls__31
Vcl_Controls__41
Vcl_Controls__52

変数

AnchorAlign

アラインメントに合わせてアンカーを決定します。

AnimateWindowProc内部使用のためのものです。
CreationControl内部使用のためのものです。
DefaultDockTreeClassコンテナ コントロールの DockManager プロパティのデフォルト実装クラスを提供します。
IsVCLControlHookIsVCLControlHook には関数のアドレスが含まれます。
Mouseシステムのマウスについての情報を格納します。
NewStyleControlsコントロールを Windows 3.x "表示" を使用して描画するかどうかを定めます。

定数

cBalloonStemHeightcBalloonStemHeight: Integer = $A;
cEdgeRadiuscEdgeRadius: Integer = 4;
cgiFirstcgiFirst: Integer = $FFFFFE00;
cgiLastcgiLast: Integer = $FFFFFFFF;
cImageMargincImageMargin: Integer = 4;
CM_ACTIONEXECUTECM_ACTIONEXECUTE: Integer = $B040;
CM_ACTIONUPDATECM_ACTIONUPDATE: Integer = $B03F;
CM_ACTIVATECM_ACTIVATE: Integer = $B000;
CM_ALLCHILDRENFLIPPEDCM_ALLCHILDRENFLIPPED: Integer = $B03E;
CM_APPKEYDOWNCM_APPKEYDOWN: Integer = $B016;
CM_APPSYSCOMMANDCM_APPSYSCOMMAND: Integer = $B017;
CM_BASECM_BASE: Integer = $B000;
CM_BIDIMODECHANGEDCM_BIDIMODECHANGED: Integer = $B03C;
CM_BORDERCHANGEDCM_BORDERCHANGED: Integer = $B03B;
CM_BUFFEREDPRINTCLIENTCM_BUFFEREDPRINTCLIENT: Integer = $B04D;
CM_BUTTONPRESSEDCM_BUTTONPRESSED: Integer = $B018;
CM_CANCELMODECM_CANCELMODE: Integer = $B004;
CM_CHANGEDCM_CHANGED: Integer = $B037;
CM_CHILDKEYCM_CHILDKEY: Integer = $B02E;
CM_CLROFFSETCM_CLROFFSET: Integer = 0;
CM_COLORCHANGEDCM_COLORCHANGED: Integer = $B00D;
CM_CONTROLCHANGECM_CONTROLCHANGE: Integer = $B036;
CM_CONTROLLISTCHANGECM_CONTROLLISTCHANGE: Integer = $B02C;
CM_CONTROLLISTCHANGINGCM_CONTROLLISTCHANGING: Integer = $B04C;
CM_CREATEPOPUPCM_CREATEPOPUP: Integer = $B049;
CM_CTL3DCHANGEDCM_CTL3DCHANGED: Integer = $B010;
CM_CURSORCHANGEDCM_CURSORCHANGED: Integer = $B00F;
CM_CUSTOMGESTURESCHANGEDCM_CUSTOMGESTURESCHANGED: Integer = $B053;
CM_CUSTOMSTYLECHANGEDCM_CUSTOMSTYLECHANGED: Integer = $B059;
CM_DEACTIVATECM_DEACTIVATE: Integer = $B001;
CM_DESIGNHITTESTCM_DESIGNHITTEST: Integer = $B01C;
CM_DESTROYHANDLECM_DESTROYHANDLE: Integer = $B04A;
CM_DIALOGCHARCM_DIALOGCHAR: Integer = $B006;
CM_DIALOGHANDLECM_DIALOGHANDLE: Integer = $B031;
CM_DIALOGKEYCM_DIALOGKEY: Integer = $B005;
CM_DOCKCLIENTCM_DOCKCLIENT: Integer = $B038;
CM_DOCKNOTIFICATIONCM_DOCKNOTIFICATION: Integer = $B042;
CM_DOCWINDOWACTIVATECM_DOCWINDOWACTIVATE: Integer = $B02B;
CM_DOUBLEBUFFEREDCHANGEDCM_DOUBLEBUFFEREDCHANGED: Integer = $B04F;
CM_DRAGCM_DRAG: Integer = $B02F;
CM_ENABLEDCHANGEDCM_ENABLEDCHANGED: Integer = $B00C;
CM_ENTERCM_ENTER: Integer = $B01A;
CM_EXITCM_EXIT: Integer = $B01B;
CM_FLOATCM_FLOAT: Integer = $B03A;
CM_FOCUSCHANGEDCM_FOCUSCHANGED: Integer = $B007;
CM_FONTCHANGECM_FONTCHANGE: Integer = $B026;
CM_FONTCHANGEDCM_FONTCHANGED: Integer = $B00E;
CM_GESTURECM_GESTURE: Integer = $B052;
CM_GESTUREMANAGERCHANGEDCM_GESTUREMANAGERCHANGED: Integer = $B054;
CM_GETDATALINKCM_GETDATALINK: Integer = $B02D;
CM_GOTFOCUSCM_GOTFOCUS: Integer = $B002;
CM_HINTSHOWCM_HINTSHOW: Integer = $B030;
CM_HINTSHOWPAUSECM_HINTSHOWPAUSE: Integer = $B041;
CM_HITTESTCM_HITTEST: Integer = $B00A;
CM_ICONCHANGEDCM_ICONCHANGED: Integer = $B01D;
CM_INPUTLANGCHANGECM_INPUTLANGCHANGE: Integer = $B056;
CM_INVALIDATECM_INVALIDATE: Integer = $B034;
CM_INVALIDATEDOCKHOSTCM_INVALIDATEDOCKHOST: Integer = $B046;
CM_INVOKEHELPCM_INVOKEHELP: Integer = $B01F;
CM_ISSHORTCUTCM_ISSHORTCUT: Integer = $B044;
CM_ISTOOLCONTROLCM_ISTOOLCONTROL: Integer = $B032;
CM_LOSTFOCUSCM_LOSTFOCUS: Integer = $B003;
CM_MENUCHANGEDCM_MENUCHANGED: Integer = $B015;
CM_MOUSEACTIVATECM_MOUSEACTIVATE: Integer = $B04B;
CM_MOUSEENTERCM_MOUSEENTER: Integer = $B013;
CM_MOUSELEAVECM_MOUSELEAVE: Integer = $B014;
CM_MOUSEWHEELCM_MOUSEWHEEL: Integer = $B043;
CM_PARENTBIDIMODECHANGEDCM_PARENTBIDIMODECHANGED: Integer = $B03D;
CM_PARENTCOLORCHANGEDCM_PARENTCOLORCHANGED: Integer = $B009;
CM_PARENTCTL3DCHANGEDCM_PARENTCTL3DCHANGED: Integer = $B011;
CM_PARENTDOUBLEBUFFEREDCHANGEDCM_PARENTDOUBLEBUFFEREDCHANGED: Integer = $B050;
CM_PARENTFONTCHANGEDCM_PARENTFONTCHANGED: Integer = $B008;
CM_PARENTSHOWHINTCHANGEDCM_PARENTSHOWHINTCHANGED: Integer = $B023;
CM_PARENTTABLETOPTIONSCHANGEDCM_PARENTTABLETOPTIONSCHANGED: Integer = $B058;
CM_PARENTVISIBLECHANGEDCM_PARENTVISIBLECHANGED: Integer = $B05B;
CM_POPUPHWNDDESTROYCM_POPUPHWNDDESTROY: Integer = $B048;
CM_RECREATEWNDCM_RECREATEWND: Integer = $B033;
CM_RELEASECM_RELEASE: Integer = $B021;
CM_REMOTESESSIONSTATUSCHANGEDCM_REMOTESESSIONSTATUSCHANGED: Integer = $B05D;
CM_SETACTIVECONTROLCM_SETACTIVECONTROL: Integer = $B047;
CM_SHOWHINTCHANGEDCM_SHOWHINTCHANGED: Integer = $B022;
CM_SHOWINGCHANGEDCM_SHOWINGCHANGED: Integer = $B019;
CM_STANDARDGESTURESCHANGEDCM_STANDARDGESTURESCHANGED: Integer = $B055;
CM_STYLECHANGEDCM_STYLECHANGED: Integer = $B051;
CM_SYSCOLORCHANGECM_SYSCOLORCHANGE: Integer = $B024;
CM_SYSCOMMANDCM_SYSCOMMAND: Integer = $B05C;
CM_SYSFONTCHANGEDCM_SYSFONTCHANGED: Integer = $B035;
CM_SYSFONTSALLCHANGEDCM_SYSFONTSALLCHANGED: Integer = $B05A;
CM_TABLETOPTIONSCHANGEDCM_TABLETOPTIONSCHANGED: Integer = $B057;
CM_TABSTOPCHANGEDCM_TABSTOPCHANGED: Integer = $B028;
CM_TEXTCHANGEDCM_TEXTCHANGED: Integer = $B012;
CM_THEMECHANGEDCM_THEMECHANGED: Integer = $B051;
CM_TIMECHANGECM_TIMECHANGE: Integer = $B027;
CM_UIACTIVATECM_UIACTIVATE: Integer = $B029;
CM_UIDEACTIVATECM_UIDEACTIVATE: Integer = $B02A;
CM_UNDOCKCLIENTCM_UNDOCKCLIENT: Integer = $B039;
CM_UNTHEMECONTROLCM_UNTHEMECONTROL: Integer = $B04E;
CM_UPDATEACTIONSCM_UPDATEACTIONS: Integer = $B045;
CM_VISIBLECHANGEDCM_VISIBLECHANGED: Integer = $B00B;
CM_WANTSPECIALKEYCM_WANTSPECIALKEY: Integer = $B01E;
CM_WINDOWHOOKCM_WINDOWHOOK: Integer = $B020;
CM_WININICHANGECM_WININICHANGE: Integer = $B025;
CN_BASECN_BASE: Integer = $BC00;
CN_CHARCN_CHAR: Integer = $BD02;
CN_CHARTOITEMCN_CHARTOITEM: Integer = $BC2F;
CN_COMMANDCN_COMMAND: Integer = $BD11;
CN_COMPAREITEMCN_COMPAREITEM: Integer = $BC39;
CN_CTLCOLORBTNCN_CTLCOLORBTN: Integer = $BD35;
CN_CTLCOLORDLGCN_CTLCOLORDLG: Integer = $BD36;
CN_CTLCOLOREDITCN_CTLCOLOREDIT: Integer = $BD33;
CN_CTLCOLORLISTBOXCN_CTLCOLORLISTBOX: Integer = $BD34;
CN_CTLCOLORMSGBOXCN_CTLCOLORMSGBOX: Integer = $BD32;
CN_CTLCOLORSCROLLBARCN_CTLCOLORSCROLLBAR: Integer = $BD37;
CN_CTLCOLORSTATICCN_CTLCOLORSTATIC: Integer = $BD38;
CN_DELETEITEMCN_DELETEITEM: Integer = $BC2D;
CN_DRAWITEMCN_DRAWITEM: Integer = $BC2B;
CN_HSCROLLCN_HSCROLL: Integer = $BD14;
CN_KEYDOWNCN_KEYDOWN: Integer = $BD00;
CN_KEYUPCN_KEYUP: Integer = $BD01;
CN_MEASUREITEMCN_MEASUREITEM: Integer = $BC2C;
CN_NOTIFYCN_NOTIFY: Integer = $BC4E;
CN_PARENTNOTIFYCN_PARENTNOTIFY: Integer = $BE10;
CN_SYSCHARCN_SYSCHAR: Integer = $BD06;
CN_SYSKEYDOWNCN_SYSKEYDOWN: Integer = $BD04;
CN_VKEYTOITEMCN_VKEYTOITEM: Integer = $BC2E;
CN_VSCROLLCN_VSCROLL: Integer = $BD15;
crAppStartcrAppStart: Integer = $FFFFFFED;
crArrowcrArrow: Integer = $FFFFFFFE;
crCrosscrCross: Integer = $FFFFFFFD;
crDefaultcrDefault: Integer = 0;
crDragcrDrag: Integer = $FFFFFFF4;
crHandPointcrHandPoint: Integer = $FFFFFFEB;
crHelpcrHelp: Integer = $FFFFFFEC;
crHourGlasscrHourGlass: Integer = $FFFFFFF5;
crHSplitcrHSplit: Integer = $FFFFFFF2;
crIBeamcrIBeam: Integer = $FFFFFFFC;
crMultiDragcrMultiDrag: Integer = $FFFFFFF0;
crNocrNo: Integer = $FFFFFFEE;
crNoDropcrNoDrop: Integer = $FFFFFFF3;
crNonecrNone: Integer = $FFFFFFFF;
crSizecrSize: Integer = $FFFFFFEA;
crSizeAllcrSizeAll: Integer = $FFFFFFEA;
crSizeNESWcrSizeNESW: Integer = $FFFFFFFA;
crSizeNScrSizeNS: Integer = $FFFFFFF9;
crSizeNWSEcrSizeNWSE: Integer = $FFFFFFF8;
crSizeWEcrSizeWE: Integer = $FFFFFFF7;
crSQLWaitcrSQLWait: Integer = $FFFFFFEF;
crUpArrowcrUpArrow: Integer = $FFFFFFF6;
crVSplitcrVSplit: Integer = $FFFFFFF1;
cTextHorizontalMargincTextHorizontalMargin: Integer = 4;
cTextVerticalMargincTextVerticalMargin: Integer = 4;
CTL3D_ALLCTL3D_ALL: Integer = $FFFF;
gcnAddedgcnAdded: Integer = 1;
gcnModifiedgcnModified: Integer = 3;
gcnRefreshAllgcnRefreshAll: Integer = 0;
gcnRemovedgcnRemoved: Integer = 2;
igiBeginigiBegin: Integer = $101;
igiEndigiEnd: Integer = $102;
igiFirstigiFirst: Integer = $100;
igiLastigiLast: Integer = $1FF;
igiPanigiPan: Integer = $104;
igiPressAndTapigiPressAndTap: Integer = $107;
igiRotateigiRotate: Integer = $105;
igiTwoFingerTapigiTwoFingerTap: Integer = $106;
igiZoomigiZoom: Integer = $103;
mrAbortmrAbort: Integer = 3;
mrAllmrAll: Integer = $C;
mrCancelmrCancel: Integer = 2;
mrClosemrClose: Integer = 8;
mrIgnoremrIgnore: Integer = 5;
mrNomrNo: Integer = 7;
mrNonemrNone: Integer = 0;
mrNoToAllmrNoToAll: Integer = $D;
mrOkmrOk: Integer = 1;
mrRetrymrRetry: Integer = 4;
mrYesmrYes: Integer = 6;
mrYesToAllmrYesToAll: Integer = $E;
NullDockSiteNullDockSite: TWinControl = $FFFFFFFF;
rgiFirstrgiFirst: Integer = $FFFFFC00;
rgiLastrgiLast: Integer = $FFFFFDFF;
sgiChecksgiCheck: Integer = $18;
sgiChevronDownsgiChevronDown: Integer = $20;
sgiChevronLeftsgiChevronLeft: Integer = $21;
sgiChevronRightsgiChevronRight: Integer = $22;
sgiChevronUpsgiChevronUp: Integer = $1F;
sgiCirclesgiCircle: Integer = $1B;
sgiCurlicuesgiCurlicue: Integer = $19;
sgiDoubleCirclesgiDoubleCircle: Integer = $1C;
sgiDoubleCurlicuesgiDoubleCurlicue: Integer = $1A;
sgiDownsgiDown: Integer = 4;
sgiDownLeftsgiDownLeft: Integer = 7;
sgiDownLeftLongsgiDownLeftLong: Integer = $13;
sgiDownRightsgiDownRight: Integer = 8;
sgiDownRightLongsgiDownRightLong: Integer = $14;
sgiDownUpsgiDownUp: Integer = $E;
sgiFirstsgiFirst: Integer = 1;
sgiLastsgiLast: Integer = $22;
sgiLeftsgiLeft: Integer = 1;
sgiLeftDownsgiLeftDown: Integer = $A;
sgiLeftRightsgiLeftRight: Integer = $F;
sgiLeftUpsgiLeftUp: Integer = 9;
sgiNoGesturesgiNoGesture: Integer = 0;
sgiRightsgiRight: Integer = 2;
sgiRightDownsgiRightDown: Integer = $C;
sgiRightLeftsgiRightLeft: Integer = $10;
sgiRightUpsgiRightUp: Integer = $B;
sgiScratchoutsgiScratchout: Integer = $15;
sgiSemiCircleLeftsgiSemiCircleLeft: Integer = $1D;
sgiSemiCircleRightsgiSemiCircleRight: Integer = $1E;
sgiSquaresgiSquare: Integer = $17;
sgiTrianglesgiTriangle: Integer = $16;
sgiUpsgiUp: Integer = 3;
sgiUpDownsgiUpDown: Integer = $D;
sgiUpLeftsgiUpLeft: Integer = 5;
sgiUpLeftLongsgiUpLeftLong: Integer = $11;
sgiUpRightsgiUpRight: Integer = 6;
sgiUpRightLongsgiUpRightLong: Integer = $12;