Vcl.FileCtrl.TFileListBox.DoubleBuffered

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property DoubleBuffered: Boolean read FDoubleBuffered write SetDoubleBuffered stored IsDoubleBufferedStored;

C++

__property DoubleBuffered;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
Vcl.FileCtrl.pas
Vcl.FileCtrl.hpp
Vcl.FileCtrl TFileListBox

説明

コントロールのイメージが、ウィンドウに直接レンダリングされるか、メモリ内ビットマップにまず描画されるかを決定します。

Vcl.FileCtrl.TFileListBox.DoubleBuffered は Vcl.Controls.TWinControl.DoubleBuffered を継承しています。以下の内容はすべて Vcl.Controls.TWinControl.DoubleBuffered を参照しています。

コントロールのイメージが、ウィンドウに直接レンダリングされるか、メモリ内ビットマップにまず描画されるかを決定します。

DoubleBuffered が False の場合、ウィンドウ コントロールは自分自身を直接ウィンドウに描画します。 DoubleBuffered が True の場合、ウィンドウ コントロールは自分自身をメモリ内ビットマップにまず描画し、その後、それをウィンドウに描画します。 2 重バッファリングは、コントロールを再描画する際の flicker の量を減らしますが、よりメモリに依存する形になります。

ウィンドウ コントロールがドッキング サイトであり、ドック マネージャが関連付けられている場合、2重バッファ化されていなければなりません。

メモ: TRichEdit といった一部のコントロールでは、自分自身をビットマップに描画することはできません。このようなコントロールの場合、DoubleBuffered は False に設定する必要があります。

関連項目


コード サンプル