Vcl.Outline.TOutline.Ctl3D

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property Ctl3D: Boolean read FCtl3D write SetCtl3D stored IsCtl3DStored;

C++

__property Ctl3D;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
Vcl.Outline.pas
Vcl.Outline.hpp
Vcl.Outline TOutline

説明

コントロールが 3 次元の概観が 2 次元の概観かを判断します。

Vcl.Outline.TOutline.Ctl3D は Vcl.Controls.TWinControl.Ctl3D を継承しています。以下の内容はすべて Vcl.Controls.TWinControl.Ctl3D を参照しています。

コントロールが 3 次元の概観が 2 次元の概観かを判断します。

Ctl3D は、下位互換性のために提供されています。 32 ビット バージョンの Windows や NT4.0 以降では使用されませんが、例外的に、Windows XP Home では場合により使用されます。

古いプラットフォームでは、コントロールがフラットかべベルのどちらの概観であるかを、Ctl3D が制御しています。

メモ: RAD Studio は、Windows Vista 以前はサポートしていません。

関連項目