Vcl.Outline.TOutline.Enabled

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property Enabled: Boolean read GetEnabled write SetEnabled stored IsEnabledStored default 1;

C++

__property Enabled = {default=1};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
Vcl.Outline.pas
Vcl.Outline.hpp
Vcl.Outline TOutline

説明

コントロールが、マウス、キーボード、およびタイマの各イベントに応答するかどうかを制御します。

Vcl.Outline.TOutline.Enabled は Vcl.Controls.TControl.Enabled を継承しています。以下の内容はすべて Vcl.Controls.TControl.Enabled を参照しています。

コントロールが、マウス、キーボード、およびタイマの各イベントに応答するかどうかを制御します。

Enabled を使用すると、ユーザーに対してコントロールが利用可能かどうかを制御することができます。 コントロールを無効にするには、EnabledFalse に設定します。 無効化されたコントロールには、薄い灰色で表示されるものも(例:ボタン、チェックボックス、ラベルなど)、見た目は変わらずに単に機能を失うだけのもの(コンテナ コントロール)もあります。 EnabledFalse に設定されている場合、コントロールは、マウス、キーボード、タイマによる各イベントを無視します。

コントロールを再度有効にするには、EnabledTrue に設定します。

メモ: このプロパティは、すべての TControl の子孫に適用されます。

関連項目

  • [[rad_ja:マウス,キーボード,タイマーのイベントを有効にする|]]


コード サンプル