Vcl.StdActns.TFilePageSetup.ImageIndex

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property ImageIndex: TImageIndex read FImageIndex write SetImageIndex default -1;

C++

__property ImageIndex = {default=-1};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
Vcl.StdActns.pas
Vcl.StdActns.hpp
Vcl.StdActns TFilePageSetup

説明

イメージのリスト内のインデックスを格納します。

Vcl.StdActns.TFilePageSetup.ImageIndex は System.Actions.TContainedAction.ImageIndex を継承しています。以下の内容はすべて System.Actions.TContainedAction.ImageIndex を参照しています。

イメージのリスト内のインデックスを格納します。

ImageIndex は、イメージのリスト内の 0 始まりのインデックスです。TContainedAction は、実際のイメージのリストを提供するのではなく、GUI アプリケーション フレームワーク内のアクションの実装だけが、プロパティなどを提供します。 一般的に、イメージのこのリストには、このアクションを使用するコントロールやメニュー項目と関連づけられている、イメージが格納されています。

ImageIndex の値は、すべてのクライアント コントロールと、そのアクションにリンク付けされたクライアント メニュー項目に伝播させることができます

メモ: ImageIndex-1 の場合、それはリストにイメージがないことを意味します。コントロールの典型的な実装では、イメージはコントロールのもっとも左の位置に描画され、コントロールのテキストはイメージの右に描画されます。ImageIndex-1 の場合、イメージのプレースホルダを確保するため、コントロールはテキストを右にオフセットしません。そうではなく ImageIndex-1 ではない場合、コントロールのテキストは、常に右にオフセットされて描画され、イメージを描画するための場所が確保されます。

関連項目