Vcl.StdCtrls.TPushButtonActionLink.IsImageIndexLinked

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

function IsImageIndexLinked: Boolean; override;

C++

virtual bool __fastcall IsImageIndexLinked();

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function protected
Vcl.StdCtrls.pas
Vcl.StdCtrls.hpp
Vcl.StdCtrls TPushButtonActionLink

説明

アクションと、アクション リンクのクライアントの ImageIndex プロパティが、お互いリンクされているかどうかを取得します。

Vcl.StdCtrls.TPushButtonActionLink.IsImageIndexLinked は System.Actions.TContainedActionLink.IsImageIndexLinked を継承しています。以下の内容はすべて System.Actions.TContainedActionLink.IsImageIndexLinked を参照しています。

アクションと、アクション リンクのクライアントの ImageIndex プロパティが、お互いリンクされているかどうかを取得します。

TContainedActionLink の下位クラスは、IsImageIndexLinked を呼び出し、アクションの ImageIndex プロパティに行われた変更を、対応するクライアント オブジェクトの ImageIndex プロパティに伝播させる必要があるのか、判断します。

  • IsImageIndexLinkedTrue を返した場合、アクションは ImageIndex プロパティをコントロールします。つまり、アクションの ImageIndex プロパティへの変更は、クライアント オブジェクトの対応するプロパティを変更して反映されます。
  • IsImageIndexLinkedFalse を返した場合、クライアント オブジェクトはアクションの ImageIndex プロパティから影響を受けません。これは、対応するプロパティがないか、もしくは一般的には、その対応するプロパティの値を単独で管理するためです。

IsImageIndexLinked は、TContainedActionLink で実装されているように、Action プロパティに TContainedAction の下位クラスが指定されているかどうか(つまり、ImageIndex プロパティを持つアクションであるかどうか)を単にチェックし、それである場合には、True を返すのみです。 下位クラスでは IsImageIndexLinked をオーバーライドし、ImageIndex プロパティが適したクライアント プロパティにリンクされているかどうかを判断することができます。

関連項目