Vcl.VirtualImageList.TVirtualImageList.DoDraw

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

procedure DoDraw(Index: Integer; Canvas: TCanvas; X, Y: Integer;  Style: Cardinal; Enabled: Boolean = True); override;

C++

virtual void __fastcall DoDraw(int Index, Vcl::Graphics::TCanvas* Canvas, int X, int Y, unsigned Style, bool Enabled = true);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
Vcl.VirtualImageList.pas
Vcl.VirtualImageList.hpp
Vcl.VirtualImageList TVirtualImageList

説明

指定した Canvas に指定したスタイルで指定したイメージを描画します。

Vcl.VirtualImageList.TVirtualImageList.DoDraw は Vcl.ImgList.TCustomImageList.DoDraw を継承しています。以下の内容はすべて Vcl.ImgList.TCustomImageList.DoDraw を参照しています。

指定した Canvas に指定したスタイルで指定したイメージを描画します。

アプリケーションからプロテクトメソッド DoDraw を呼び出すことはできません。DoDraw は,パブリックメソッド Draw の基底実装を提供します。

Index は,描画するイメージを指定します。

Canvas は,イメージをレンダリングする描画面を示します。

X および Y は,Canvas 上のイメージの左上隅を示します。

Style は,イメージが色をどのようにブレンドするか,またはマスクをどのように使用するかをエンコードします(DrawingStyle および ImageType)。

Enabled は,イメージがグレーで表示されるかどうかを示します。Enabled が false の場合,DoDraw はイメージをグレーで表示します。

関連項目