Vcl.WinXCtrls.TSplitView.OnDragDrop

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property OnDragDrop: TDragDropEvent read FOnDragDrop write FOnDragDrop;

C++

__property OnDragDrop;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
event published
Vcl.WinXCtrls.pas
Vcl.WinXCtrls.hpp
Vcl.WinXCtrls TSplitView

説明

ユーザーが、ドラッグしていたオブジェクトをドロップした際に発生します。

Vcl.WinXCtrls.TSplitView.OnDragDrop は Vcl.Controls.TControl.OnDragDrop を継承しています。以下の内容はすべて Vcl.Controls.TControl.OnDragDrop を参照しています。

ユーザーが、ドラッグしていたオブジェクトをドロップした際に発生します。

OnDragDrop イベント ハンドラを使用すると、ユーザーがオブジェクトをドロップした際に何が発生するかを指定することができます。 OnDragDrop イベントの Source パラメータは、ドロップされようとしているオブジェクトで、Sender は、オブジェクトがその上にドロップされようとしているコントロールです。 X および Y パラメータは、コントロール上に位置するマウスの座標です。

OnDragDrop は、TDragDropEvent 型のイベント ハンドラです。

関連項目


コード サンプル