独自作成したコンポーネントへのユニット スコープ名の追加

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

ユニット スコープ名 への移動


独自にコンポーネントを作成している場合、新規および既存のプロジェクトに対してユニット スコープ名を追加することができます。

新規および既存のプロジェクトにユニット スコープ名を追加する(推奨)

一般に、コンポーネントの作成時には、コンポーネントにユニット スコープ名を指定する必要はありません。追加される uses エントリに自動的にスコープが設定されるためです。 ただし、独自のコンポーネントを作成する場合は、以下の手順で、新規および既存のプロジェクトにユニット スコープ名を追加することができます。 ユニット スコープ名が必要なくなれば、それを削除することも可能です。

  1. レジストリ キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Embarcadero\BDS\\Library\libname を探します。ここでの libname は、サポートされているターゲット プラットフォームです(Win32、Win64、OSX32、Android32、iOSDevice32、iOSDevice64、iOSSimulator のいずれか)。
  2. サポートされているターゲット プラットフォームの Library ディレクトリ(<ライブラリ名>)に、CompatibilityUnitScopes キーを作成します。
  3. 以下の文字列値を追加します。
    • [値の名前] = <ベンダ名>(コンポーネントを開発した会社の名前)
    • [値のデータ] = <ユニット スコープ名リスト>(ユニット スコープ名はセミコロンで区切って指定)

たとえば、以下のレジストリ エントリでは、ベンダ MyComponentCompany(Win32 プラットフォーム)に 3 つの互換性ユニット スコープ名(NewComp、OldComp、MyComp)を追加しています。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Embarcadero\BDS\\Library\Win32\CompatibilityUnitScopes
MyComponentCompany=MyComp;NewComp;OldComp

上記の手順を推奨します。ユニット スコープ名が必要でない場合には、それを削除できるからです。

状態に関係なくすべてのプロジェクトにユニット スコープ名を追加する

この手順はお勧めできません。 名前空間の接頭辞(ユニット スコープ名)が必要でないものも含め、すべてのプロジェクトをコンパイルすることになり、時間がかかります。

  1. レジストリ キー = "HKEY_CURRENT_USER\Software\Embarcadero\BDS\\Library\<PlatformKey>\Namespace Search Path" を読み込みます。ここでは <PlatformKey> = [Win32, Win64, OSX32, Android32, iOSDevice32, iOSDevice64, iOSSimulator] です。
  2. セミコロンで区切ってユニット スコープ名(複数可)を追加します。
  3. レジストリ値に "Namespace Search Path" と設定します。

関連項目