[Android SDK の新規作成]

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

[SDK マネージャ] への移動


[新規 SDK の追加][Android]プラットフォームを選択|[SDK バージョンの選択][新規追加...]を選択

[Android SDK の新規作成] ウィザードを使用して、[SDK マネージャ]Android SDK を追加することができます。SDK マネージャでは、開発システムにインストールされた Android 開発ツールへのパスを定義します。その後、その Android SDK を使用して、アプリケーションを Android ターゲット プラットフォーム向けにビルドすることができます。

メモ:
  • RAD Studio のインストール中か、その後に、Android SDK は自動的に設定されます。
  • ウィザード ダイアログには、これらフィールドのロケーション パスの例が表示されます。

[Android Development Kit (SDK) の設定]ページ

このページでは、Android SDK、Android NDK、および JDK のフォルダのパスを指定します。

項目 説明 ロケーション パス例

Android SDK 基底パス (SDK_BASE_PATH)

Android SDK フォルダのパス。

  • RAD Studio のインストーラを使って Android SDK をインストールした場合、このパスはデフォルトで入力例のようになっています。
  • [新規 SDK の追加]で特定の SDK バージョン(システムで検出されたインストール済みの Android SDK バージョン)を選択した場合、このフィールドは RAD Studio によって自動的に入力されています。

C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\\PlatformSDKs\AndroidSDK-<Version>

Android NDK 基底パス (NDK_BASE_PATH)

Android NDK フォルダのパス。

  • RAD Studio のインストーラを使って Android NDK をインストールした場合、このパスはデフォルトで入力例のようになっています。
  • Android NDK を自分でインストールした場合、これは、Google からダウンロードした Android NDK を含む ZIP アーカイブを、解凍することによりできるフォルダとなります。

C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\\PlatformSDKs\android-ndk-17b

Java インストール パス (JAVA_INSTALLATION_PATH)

JDK インストール フォルダのパス。

このパスは RAD Studio によって自動検出されている可能性があります。そうでない場合は、通常、パス例の場所にあります。

C:\Program Files\Java\jdk<version>

[Android ツールの場所の設定]ページ

前のページで入力したパスを基に、RAD Studio によって必要なツールのパスが自動検出されます。このページでは、そのパスをカスタマイズしたり、RAD Studio で検出できなかったツールのパスを指定することができます。

項目 説明 ロケーション パス例

[ZipAlign の場所]

ZipAlign.exe SDK ツールの場所。

SDK_BASE_PATH\tools\ZipAlign.exe
SDK_BASE_PATH\build-tools\<version>\zipalign.exe

[Android の場所]

Android.bat SDK ツールの場所。

SDK_BASE_PATH\tools\Android.bat

[Adb の場所]

Adb.exe SDK プラットフォーム ツールの場所。

SDK_BASE_PATH\platform-tools\Adb.exe

[Aapt の場所]

aapt.exe SDK ビルド ツールの場所。

SDK_BASE_PATH\build-tools\android-4.4\aapt.exe

[Java KeyTool の場所]

KeyTool.exe JDK ツールの場所。

JAVA_INSTALLATION_PATH\bin\KeyTool.exe

[Java JarSigner の場所]

JarSigner.exe JDK ツールの場所。

JAVA_INSTALLATION_PATH\bin\JarSigner.exe

[arm-linux-androideabi-ld.exe の場所]

arm-linux-androideabi-ld.exe リンカの場所

NDK_BASE_PATH\toolchains\arm-linux-androideabi-4.6\prebuilt\windows\bin\arm-linux-androideabi-ld.exe

[arm-linux-androideabi-strip.exe の場所]

arm-linux-androideabi-strip.exe 実行可能ファイルの場所。

NDK_BASE_PATH\toolchains\arm-linux-androideabi-4.6\prebuilt\windows\bin\arm-linux-androideabi-strip.exe

[gdbserver の場所]

gdbserver の場所。

NDK_BASE_PATH\prebuilt\android-arm\gdbserver\gdbserver

[NDK API の場所]

NDK フォルダ内の API フォルダの場所。

NDK_BASE_PATH\platforms\android-14

[Delphi NDK ライブラリ パス]

Delphi NDK ライブラリ フォルダの場所。

NDK_BASE_PATH\sources\cxx-stl\gnu-libstdc++\4.8\libs\armeabi-v7a

[C++Builder NDK ライブラリ パス]

C++Builder NDK ライブラリ フォルダの場所

NDK_BASE_PATH\platforms\android-14\arch-arm\usr\lib

[SDK API レベル]

使用する SDK API レベル。どのバージョンでもかまいません。

--

関連項目