API(*.lib、*.a)

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

ファイルの種類:インデックス への移動


RAD Studio では、以下の場合にパッケージの静的ライブラリ ファイルを生成します。

  • iOS デバイスまたは Android 向けの Delphi パッケージをビルドした場合
  • デスクトップ プラットフォーム向けの Delphi パッケージで、[プロジェクト|オプション...|Delphi コンパイラ|出力 - C/C++][C/C++ 出力ファイルの生成]オプションの値が[すべての C++Builder ファイル (パッケージ ライブラリを含む) を生成]であるパッケージをビルドした場合
  • C++ パッケージで、[プロジェクト|オプション...|C++ リンカ[静的パッケージ ライブラリ (.lib) を生成]オプションがオンであるパッケージをビルドした場合

パッケージの静的ライブラリ ファイルは、パッケージから生成された静的ライブラリ ファイルです。 アプリケーションで実行時パッケージを使用しない場合、インポート ライブラリの代わりに静的ライブラリを使用します。 「静的パッケージのビルド」を参照してください。

パッケージの静的ライブラリ ファイルのファイル名は以下のようになります。

  • <パッケージ>.lib: 32 ビット Windows の場合
  • <package>.a: 64 ビット Windows および macOS の場合
  • lib<パッケージ>.a: iOS デバイスおよび Android の場合
    メモ: iOS シミュレータ向けにパッケージの静的ライブラリ ファイルを生成することはできません。

条件を満たしたパッケージをビルドすると、パッケージの静的ライブラリ ファイルがデフォルトでは以下のフォルダに生成されます。

  • Delphi および C++ での 32 ビット Windows の場合: C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\22.0\Dcp
  • Delphi での他のプラットフォームの場合: C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\22.0\Dcp\<platform>
  • C++ での他のプラットフォームの場合: C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\22.0\Dcp\<platform>\<build configuration>

出力ディレクトリを変更するには:

  • Delphi では、[C/C++ .obj/.lib 出力ディレクトリ]オプションを使用します([プロジェクト|オプション...|Delphi コンパイラ|出力 - C/C++] 内)。空のままの場合、[プロジェクト|オプション...|Delphi コンパイラで指定された[DCP 出力ディレクトリ]が使用されます。
  • C++ の場合: [プロジェクト|オプション...|C++ (共有オプション)[BPI/LIB 出力]オプションを使用します。

関連項目