表示: Delphi C++
表示設定

Data.Bind.ObjectScope.TAdapterBindSource

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Data.Bind.ObjectScope.TCustomAdapterBindSourceData.Bind.ObjectScope.TBaseObjectBindSourceData.Bind.Components.TBaseLinkingBindSourceData.Bind.Components.TBaseBindScopeComponentTAdapterBindSource

Delphi

TAdapterBindSource = class(TCustomAdapterBindSource)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TAdapterBindSource : public TCustomAdapterBindSource

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Data.Bind.ObjectScope.pas
Data.Bind.ObjectScope.hpp
Data.Bind.ObjectScope Data.Bind.ObjectScope

説明

さまざまなデータ型に接続するためのアダプタをサポートしているバインド ソースの基底クラスです。

Data.Bind.ObjectScope.TAdapterBindSource は Data.Bind.ObjectScope.TCustomAdapterBindSource を継承しています。以下の内容はすべて Data.Bind.ObjectScope.TCustomAdapterBindSource を参照しています。


さまざまなデータ型に接続するためのアダプタをサポートしているバインド ソースの基底クラスです。


独自のカスタム アダプタ バインディング ソースを作成する必要がある場合は、TCustomAdapterBindSource から派生させる必要があります。

関連項目

  • Data.Bind.ObjectScope.TAdapterBindSource
個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance