表示: Delphi C++
表示設定

Data.DB.TCustomConnection.Connected

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Connected: Boolean read GetConnected write SetConnected default False;

C++

__property bool Connected = {read=GetConnected, write=SetConnected, default=0};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
Data.DB.pas
Data.DB.hpp
Data.DB TCustomConnection


説明

データのリモート ソースへの接続が確立されアクティブになっているかどうかを判定します。

ConnectedTrue に設定すると、接続が開かれます。ConnectedFalse に設定すると、接続が終了します。

ConnectedTrue に設定すると、BeforeConnect イベントが発生し、次に protected メソッド DoConnect が呼び出されて接続が確立され、最後に AfterConnect イベントが発生します。さらに、ConnectedTrue に設定すると、LoginPrompt の値によっては、TCustomConnection によりログイン ダイアログが表示される場合があります。

ConnectedFalse に設定すると、BeforeDisconnect イベントが発生し、次に protected メソッド DoDisconnect が呼び出されて接続が解除され、最後に AfterDisconnect イベントが発生します。

TCustomConnection からカスタム接続コンポーネントを派生させる場合は、接続が確立されたときに True を返すように GetConnected をオーバーライドし、接続を作成または解除するように DoConnect または DoDisconnect をオーバーライドします。

関連項目

コード例

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance