Data.DB

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

データセットデータソースフィールドなどを実装するクラスや関数を定義します。

パッケージ dbrtl.bpl

クラス

EDatabaseErrorEDatabaseError は,データベースエラーに対応する例外クラスです。
EUpdateErrorEUpdateError は,データセットプロバイダの更新エラーの例外クラスです。
IDataSetCommandSupport

追加コマンドをサポートするために TDataSet の下位クラスを拡張したインターフェイス。

IDBApplicationデータベース アプリケーションのインターフェイス。
IDBScreenディスプレイ デバイスへのインターフェイス。
IDBSessionIDBSession は,データベースセッション用のインターフェースです。
IParamObjectIParamObjectTObjectTParam オブジェクトのバリアント値に格納するクラスのインターフェイスを表します。
IParamStreamObject IParamStreamObject は、TStreamTParam オブジェクトのバリアント値に格納するクラスのインターフェイスを表します。
IProviderSupport(非推奨)IProviderSupport は、データセットの代わりをプロバイダができるようにするためにそのデータセットで使用されるインターフェイスです。
IProviderSupportNG
ISubDataSet
TADTFieldTADTField オブジェクトは,データセット内の ADT(抽象データ型)項目を表します。
TAggHandle
TAggregateFieldTAggregate フィールドは、クライアント データセットに保持された集計を表します。
TArrayFieldTArrayField は,データセット内の配列項目を表します。
TAutoIncFieldTAutoIncField は、データセット内において自動インクリメントされる、永続フィールド オブジェクトです。
TBCDFieldTBCDField は、データセット内の BCD(2進化10進数)を表します。
TBinaryFieldTBinaryField は、データセット内の型のないバイナリ フィールドを表します。
TBlobField TBlobField は、BLOB(Binary Large Object)への参照を保有する、データセット内の 1 つのフィールドを表します。
TBooleanFieldTBooleanField は、Boolean 値を保持するフィールドを表します。
TByteField
TBytesFieldTBytesField は、データセット内のバイト フィールドを表します。
TCheckConstraintTCheckConstraint は、データセット コンポーネントに対するレコード レベルの制約を表します。
TCheckConstraintClassTCheckConstraint クラスのメタクラスです。
TCheckConstraintsTCheckConstraints には、データセット コンポーネントのチェック制約のコレクションが含まれます。
TCheckConstraintsClassTCheckConstraints クラスのメタクラスです。
TCurrencyFieldTCurrencyField は、データセット内の通貨値を格納しているフィールドを表します。
TCustomConnectionTCustomConnection は、データセットをデータのリモート ソースに接続するコンポーネントの基底クラスです。
TDataLinkTDataLink は,データベース対応オブジェクトが TDataSourceTDataSet の動作を対応させたり,データイベントに応答するために使用されるヘルパークラスです。
TDataSetTDataSet は、データを行と列で表すすべてのデータセット コンポーネントの基底クラスです。
TDataSetClassTDataSetClass は TDataSet の下位クラスのクラス型です。
TDataSetDesignerTDataSetDesigner はデータセットデザイナの基本クラスです。
TDataSetFieldTDataSetField は,ネストされたデータセットへのアクセスを提供します。
TDataSourceTDataSource は、データセット コンポーネントとフォーム上のデータベース対応コントロール間のインターフェイスを提供します。
TDateFieldTDateField は、データセット内の日付フィールドを表します。
TDateTimeFieldTDateTimeField は、データセット内の日時フィールドを表します。
TDBBitConverterTBitConverter を拡張してデータベース固有のデータ型をサポートさせたものです。
TDefaultLookupListTDefaultLookupList は、TLookupList のデフォルト実装です。
TDefCollectionTDefCollection は,定義オブジェクト(TNamedItem)を使用して,項目やインデックスなどのデータベースエンティティを指定します。
TDetailDataLinkTDetailDataLink は、マスタ/詳細関係で結びついたデータセット間の関係を管理するデータリンク クラスの上位クラスです。
TExtendedField

TExtendedField は、データセット内の最高精度浮動小数点値を格納するフィールドを表します。

TField TField は、すべてのフィールド コンポーネントの共通の祖先です。
TFieldClassTFieldClass は,TField の下位オブジェクトのクラスの種類です。
TFieldDefTFieldDef は,データセットの基底のテーブルのレコードの物理項目に対応する項目定義です。
TFieldDefClassTFieldDef クラスのメタクラスです。
TFieldDefListTFieldDefList は,データセットの項目定義(TFieldDef)オブジェクトを平坦化形式で記述します。
TFieldDefListClassTFieldDefList クラスのメタクラスです。
TFieldDefsTFieldDefs には,データセットの基底の物理項目を示す項目定義(TFieldDef)オブジェクトが入っています。
TFieldDefsClassTFieldDefs クラスのメタクラスです。
TFieldListTFieldList は,オブジェクト項目の構造を平坦化して,データセットの項目を列挙します。
TFieldListClassTFieldList クラスのメタクラスです。
TFieldOptionsデータセットのフィールドのオプションを表します。
TFieldsTFields はフィールド(TField)オブジェクト群を保持しており、これらは、データセットまたは TADTFieldTArrayField などのオブジェクト フィールドを基とする、物理フィールドを表します。
TFieldsClassTFields クラスのメタクラスです。
TFieldsEnumeratorデータベース フィールドを列挙します。
TFlatListTFlatList は,項目または項目定義の平坦化リストを表すオブジェクトの抽象基本クラスです。
TFloatFieldTFloatField は、データセット内の浮動小数点値を格納しているフィールドを表します。
TFMTBCDFieldTFMTBCDField は,データセット内の 2 進化 10 進数(BCD)項目を表します。
TGraphicFieldTGraphicField はデータセット内のグラフィック型項目を表します。
TGuidFieldTGuidField は,データセットの GUID 項目を表します。
TIDispatchFieldTIDispatchField は,データセットの IDispatch 項目を表します。
TIndexDefTIndexDef は,データベーステーブルのインデックスを記述します。
TIndexDefClassTIndexDef クラスのメタクラスです。
TIndexDefsTIndexDefs には,テーブルで使用できるインデックス定義のリストが保持されます。
TIndexDefsClassTIndexDefs クラスのメタクラスです。
TIntegerField

データセット内の符号付き 32 ビット整数フィールドを表します。

TInterfaceFieldTInterfaceField は,データセットのインターフェース項目を表します。
TLargeintFieldTLargeintField は,データセット内の Largeint 項目を表します。
TLongWordFieldTLongWordField は、データセット内の正の整数値を格納するフィールドを表します。
TLookupListTLookupList は,一組のキー項目値に関連付けられた参照値のリストを保持します。
TLookupListClassTLookupList クラスのメタクラスです。
TMasterDataLinkTMasterDataLink は,データセットがマスター/詳細関係を確立できるようにします。
TMemoFieldTMemoField は、データセット内のメモ フィールドを表します。
TNamedItemTNamedItem は,データセットで使用する定義の基本クラスです。
TNumericFieldTNumericField は,データセットのすべての数値型項目に共通の上位コンポーネントです。
TObjectFieldTObjectField は,データセット内の TADTFieldTArrayFieldTDataSetField,および TReferenceField コンポーネントに共通の上位コンポーネントです。
TPacketAttributeList
TParamTParam は,問い合わせまたはストアドプロシージャの項目パラメータを表します。
TParamClassTParam クラスのメタクラスです。
TParamObjectTParamObjectTObjectTParam オブジェクトのバリアント値に格納するために使用するクラスを表します。
TParamObjectClassTParamObject クラスのメタクラスです。
TParamsTParams は,項目パラメータのリストを管理します。
TParamsClassTParams クラスのメタクラスです。
TParamStreamObjectTParamStreamObjectTStreamTParam オブジェクトのバリアント値に格納するために使用するクラスを表します。
TPlatformValueBufferクロスプラットフォーム値のバッファです。
TReferenceFieldTReferenceField は,データセット内の REF 項目を表します。
TShortintField
TSingleField
TSmallintField

データセット内の符号付き 16 ビット整数フィールドを表します。

TSQLTimeStampFieldTSQLTimeStampField は,dbExpress データセット内の日付時刻型項目を表します。
TSQLTimeStampOffsetField
TStringFieldTStringField は,データセット内の文字列項目を表します。
TTimeFieldTTimeField は,データセット内の時刻項目を表します。
TUnsignedAutoIncFieldTUnsignedAutoIncField は、データセット内の自動インクリメント符号なし整数値フィールドに対応する永続フィールド オブジェクトです。
TVarBytesFieldTVarBytesField は,データセット内の型なし可変長バイナリ項目を表します。
TVariantFieldTVariantField は,データセット内のバリアント項目を表します。
TWideMemoFieldTWideMemoField は、データセット内のメモ フィールドを表します。
TWideStringFieldTWideStringField は、データセット内の長い文字列フィールドを表します。
TWordField

データセット内の符号なし 16 ビット整数フィールドを表します。

ルーチン

BuffersEqual2 つのバッファの内容が同じかどうかを示します。
DatabaseErrorこの手続きは,EDatabaseError オブジェクトを作成して例外を生成します。
DatabaseErrorFmtこの手続きは,EDatabaseError のオブジェクトを作成して例外を生成し,フォーマットエラーメッセージを表示します。
DisposeMemメモリを開放します。
ExtractFieldNameセミコロンで区切られた項目名の文字列内の次の名前を返します。
GetFieldPropertyデータセットおよびデータコントロールの TField オブジェクトを返します。
RegisterFields項目コンポーネントのセットを登録してデータセットデザイナに表示されるようにします。
VarTypeToDataTypeバリアント型に最も対応する項目型の値を返します。

Data_Db
Data_Db__37
Data_Db__57
Data_Db__77
LargeintLargeintInt64 のエイリアスです。
PBookmarkFlagPBookmarkFlag は、TBookmarkFlag を指すポインタです。
PDateTimeRec
PLookupListEntryPLookupListEntry は、TLookupListEntry へのポインタです。
PPacketAttributePPacketAttribute は、TPacketAttribute へのポインタです。
TAutoRefreshFlagTAutoRefreshFlag は,サーバーが項目値を提供するかどうか,また提供する場合はその理由を示します。
TBlobByteData TBlobByteData は、Binary Large Object (BLOB) フィールドのコンテンツを格納します。
TBlobData TBlobData は、BLOB のオペレーションで一緒に使用される TBytes のエイリアスです。
TBlobDisplayValueDB 対応コントロール(TDBGridTDBEdit など)における TBlobField の動作を制御するために使用する、列挙値を定義します。
TBlobStreamModeTBlobStreamMode は、BLOB ストリームが使用される方法を示します。
TBlobTypeTBlobType は BLOB 項目の型を示します。
TBookmarkTBookmark は、データセット内のレコードを後でたどることができるように識別するものです。
TBookmarkFlagTBookmarkFlag は、内部的に使われる集合です。
TBookmarkStrTBookmarkStr は、文字列で表されたブックマークです。
TBufferListバッファのリストを表します。
TBufList
TConnectChangeEvent接続が変更された際に呼び出される関数の型。
TDataActionTDataAction は,アプリケーションがデータベースのエラー状態にどのように応答すべきかを示します。
TDataChangeEvent

OnDataChange イベント ハンドラの型です。

TDataEventTDataEvent は,データセットに発生するイベントを特定します。
TDataOperationData.DB.TDataSet が内部的に使用するオブジェクトの手続きです。
TDataSetCommandStates

コマンドの状態を指定するために使用します。

TDataSetErrorEventTDataSetErrorEvent は、TDataSet が例外を発生させた際に起こる、イベント ハンドラの型です。
TDataSetNotifyEventTDataSetNotifyEvent は、TDataSet にイベントの発生を通知します。
TDataSetStateTDataSetState は,データセットコンポーネントの現在の操作モードを示します。
TDateTimeAliasTDateTimeAliasDouble のエイリアスです。
TDateTimeRecTDateTimeRec は、日付/時刻情報を格納するレコードを表します。
TDBScreenCursorTDBScreenCursor は、画面上のマウス カーソルの形を指定するセットです。
TDefUpdateMethodTDefCollection.UpdateDefs が使用するオブジェクトの手続きです。
TFieldAttributeTFieldAttributeTFieldAttributes は,項目のさまざまな属性を示します。
TFieldAttributesTFieldAttributes は、さまざまなフィールド属性を示す一連の TFieldAttribute です。
TFieldCharsTFieldChars は,項目で有効な文字セットを示します。
TFieldGetTextEventTFieldGetTextEvent は、フィールドの値を文字列で取得する、イベント ハンドラの型です。
TFieldKindTFieldKind は,項目コンポーネントが表す情報のタイプを示します。
TFieldKindsTFieldKinds は一連の TFieldKind です。
TFieldLifeCycleデータ セットが作成された際に、可能性のフィールド タイプを示します。
TFieldLifeCyclesフィールド リストのフィールド群の一連のタイプを表します。
TFieldNotifyEventTFieldNotifyEvent は、データセット フィールドにイベントの発生を通知します。
TFieldRefTFieldRef は、TField を指すポインタです。
TFieldsAutoCreationMode自動フィールドの作成のための動作を列挙します。
TFieldSetTextEventTFieldSetTextEvent は、フィールドの値を文字列で取得する、イベント ハンドラの型です。
TFieldsPositionMode既存の永続フィールドに対する、自動フィールドの位置を列挙します。
TFieldTypeTFieldType は、テーブル内のフィールドのデータ型に対応する値のセットです。
TFieldTypes
TFilterOptionTFilterOption および TFilterOptions は,フィルタ文字列を適用する仕様を指定します。
TFilterOptionsTFilterOptions は一連の TFilterOption です。
TFilterRecordEvent

OnFilterRecord イベントを発生させるイベント ハンドラです。

TGetModeTGetMode は、GetRecord メソッドのレコード取得モードを指定するために使われる集合です。
TGetResultTGetResult は、GetRecord メソッドの結果を指定するのに使用されるセットです。
TGroupPosIndTGroupPosInd および TGroupPosInds は,グループ内における現在のレコードの位置を示します。
TGroupPosIndsTGroupPosInds は一連の TGroupPosInd です。
TIndexOptionTIndexOption ではインデックスの属性を記述します。
TIndexOptionsTIndexOptions は、インデックスの属性を表します。
TLocateOptionTLocateOption はデータセットの Locate メソッドの Options パラメータに対する値を定義します。
TLocateOptionsTLocateOptions 型は,データセットの Locate メソッドの Options パラメータで使用する値を定義します。
TLookupListEntryTLookupListEntry は、ルックアップ リスト内のキー/値エントリを格納するレコードです。
TPacketAttributeTPacketAttribute では、DataPacket に関連付けられたメタデータを指定します。
TParamTypeTParamType および TParamTypes は,問い合わせまたはストアドプロシージャを表すデータセットのパラメータ使用を表します。
TParamTypesTParamTypes は一連の TParamType です。
TProviderFlagTProviderFlag および TProviderFlags は,更新の適用時にプロバイダが項目値をどのように使用するかを示します。
TProviderFlagsTProviderFlags は一連の TProviderFlag です。
TPSCommandTypeコマンド タイプの列挙型です。
TRecBufTRecBufNativeInt で、これにより、TDataSet 内のレコード バッファへアクセスすることができます。
TRecordBufferバッファとして使用されるメモリ領域へのポインタを表します。
TResyncModeTResyncMode は,データを再同期させるときにデータセットが実行すべき処理を示すフラグの集合です。
TSQLCommandTypeTSQLCommandType は、SQL データセットでの実行コマンドの指定方法を示します。
TUpdateActionTUpdateAction 型は,イベントハンドラが更新処理を完了した後にデータセットがどのように処理されるかを示します。
TUpdateErrorEventTUpdateErrorEvent は、更新アクションの実行中にエラーが生じると発生するイベントです。
TUpdateKindTUpdateKind 型は,OnUpdateError および OnUpdateRecord イベントハンドラの UpdateKind パラメータの値を定義します。
TUpdateModeTUpdateMode は,更新するレコードを検出する方法を示します。
TUpdateRecordEventTUpdateRecordEvent は、データセットのレコードを更新するイベント ハンドラです。
TUpdateRecordTypesTUpdateRecordTypes は、レコードに適用される更新ステータスを示す集合です。
TUpdateStatusTUpdateStatus は,レコードの更新状態を示します。
TUpdateStatusSetTUpdateStatusSet は、TUpdateStatus の集合です。
TValueBuffer

変数

DBApplicationDBScreenIDBApplication として参照するために使われる変数です。
DBScreenTDefaultDBScreenApplication クラスを初期化するために使われる変数です。
DefaultCheckConstraintClassTCheckConstraints.GetCheckConstraintClass の結果値として使われる、TCheckConstraintClass 型の変数です。
DefaultCheckConstraintsClassTDataSet.GetCheckConstraintsClass の結果値として使われる、TCheckConstraintsClass 型の変数です。
DefaultFieldClassesフィールド タイプに従って、フィールド クラスへの参照を保持する配列です。
DefaultFieldDefClassTFieldDefs.GetFieldDefClass の結果値として使われる、TFieldDefClass 型の変数です。
DefaultFieldDefListClassTDataSet.GetFieldDefListClass の結果値として使われる、TFieldDefListClass 型の変数です。
DefaultFieldDefsClassTFieldDef.GetChildDefsClass の結果値として使われる、TFieldDefsClass 型の変数です。
DefaultFieldListClassTDataSet.GetFieldListClass の結果値として使われる、TFieldListClass 型の変数です。
DefaultFieldsClassTDataSet.GetFieldsClass の結果値として使われる、TFieldsClass 型の変数です。
DefaultIndexDefClassTIndexDefs.GetIndexDefClass の結果値として使われる、TIndexDefClass 型の変数です。
DefaultIndexDefsClassTDataSet.GetIndexDefsClass の結果値として使われる、TIndexDefsClass 型の変数です。
DefaultLookupListClassTField.GetLookupListClass の結果値として使われる、TLookupListClass 型の変数です。
DefaultParamClassTParams.GetParamClass の結果値として使われる、TParamClass 型の変数です。
DefaultParamsClassGetParamsClass の結果値として使われる、TParamsClass 型の変数です。
FieldTypeNames
FieldTypeVarMap
LoginDialogExProcこの変数を設定して、ログイン情報を提供するメソッドを指定します。
LoginDialogProcこの変数を設定して、ログイン情報を提供するメソッドを指定します。
PasswordDialogダイアログ ボックスを表示して、ユーザーに、ローカル パスワードで保護されたテーブルに対するパスワードを要求します。
RegisterFieldsProcDB 設計パッケージによって内部的に使用されます。
RemoteLoginDialogProcこの変数を設定して、ログイン情報を提供するメソッドを指定します。
ScreenCursorProc画面カーソルを変更するメソッドを指定します。

定数

dsEditModesdsEditModes: Set = [dsEdit..dsSetKey];
dsGuidStringLengthdsGuidStringLength: Integer = $26;
dsMaxStringSizedsMaxStringSize: Integer = $2000;
dsWriteModesdsWriteModes: Set = [dsEdit..dsNewValue,dsInternalCalc];
ftCalcFieldTypesftCalcFieldTypes: Set = [ftString..ftVarBytes,ftFixedChar..ftLargeint,ftGuid..ftFixedWideChar,ftOraTimeStamp..ftExtended,ftTimeStampOffset,ftSingle];
ftFixedSizeTypesftFixedSizeTypes: Set = [ftSmallint..ftCurrency,ftDate..ftDateTime,ftAutoInc,ftLargeint,ftTimeStamp,ftLongWord..ftExtended,ftTimeStampOffset,ftSingle];
ftNonTextTypesftNonTextTypes: Set = [ftBytes..ftVarBytes,ftBlob..ftCursor,ftADT..ftDataSet];
ObjectFieldTypesObjectFieldTypes: Set = [ftADT..ftDataSet];
sApplyUpdatesDataSetCommandsApplyUpdatesDataSetCommand: string = ApplyUpdates;
sCancelUpdatesDataSetCommandsCancelUpdatesDataSetCommand: string = CancelUpdates;