表示: Delphi C++
表示設定

Data.DB.TField

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

System.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTField

Delphi

TField = class(TComponent)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TField : public System::Classes::TComponent

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Data.DB.pas
Data.DB.hpp
Data.DB Data.DB


説明

TField は、すべてのフィールド コンポーネントの共通の祖先です。

TField は、すべてのフィールド コンポーネントに共通する基本的な動作をカプセル化しています。 次の用途に使用されるプロパティ、イベント、メソッドなどを定義しています:

  • データセット内のフィールドの値の変更
  • あるデータ型から別のものへの、フィールドの値の変換
  • フィールドにユーザーが入力してデータの検証
  • フィールドのデータが、表示時または編集時にどのように表示されるかの定義
  • データセットの OnCalcFields イベント内で記述されたコードでの、フィールドの値の計算
  • 他のデータセットからのフィールド値の検索

TField のインスタンスは作成しないでください。 TField の下位オブジェクトは、データセットが有効になるたびに、自動的に作成されます。これらの下位オブジェクトは、動的にも(デフォルト)永続的にもすることができます。動的フィールド コンポーネントは、データセットが開いたときに、基礎としているメタデータ内の列を反映します。永続フィールド コンポーネントは、設計時にフィールド エディタを使用して作成されるもので、データセット内のフィールド、それらのプロパティ、それらの順番などを指定します。

永続化フィールド コンポーネントを作成すると、たとえ、基になるデータベースの物理構造に変更があったとしても、アプリケーションの実行では、毎回同じ列が同じ順番で表示され、使用できることが保証されます。永続化フィールド コンポーネントがベースとしている列が、削除または変更された場合、IDE は、存在しない列や該当しないデータのためにデータセットを開くのではなく、例外を生成します。その場合、存在しないフィールドに対応するフィールド コンポーネントは、フィールド エディタ を使用して削除してください。

TField オブジェクトの値の読み込み

DataType プロパティを使用すると、TField オブジェクトがどの値の型かを判別することができます。

As が前についたプロパティのいずれかを使用すると、適切な型を使用した TField オブジェクトの値を取得することができます:

TField オブジェクトの型に合っていないプロパティを読み込んだ場合、例外が発生します。

TField オブジェクトが null 値を持っている場合、IsNullTrue となります。null 値を持つ TField オブジェクトの値を読み込んだ際、それに相当する型のデフォルト値を取得します。たとえば、AsInteger は null 値に対しては 0 となります。

サブクラス

データセット内のフィールドは常に、次の TField 下位クラスのいずれかとして処理されます:

下位クラス 説明

TADTField

TADTField オブジェクトは,データセット内の ADT(抽象データ型)項目を表します。

TDateField

TDateField は、データセット内の日付フィールドを表します。

TReferenceField

TReferenceField は,データセット内の REF 項目を表します。

TAggregateField

TAggregate フィールドは、クライアント データセットに保持された集計を表します。

TDateTimeField

TDateTimeField は、データセット内の日時フィールドを表します。

TSmallintField

データセット内の符号付き 16 ビット整数フィールドを表します。

TArrayField

TArrayField は,データセット内の配列項目を表します。

TFloatField

TFloatField は、データセット内の浮動小数点値を格納しているフィールドを表します。

TSQLTimeStampField

TSQLTimeStampField は,dbExpress データセット内の日付時刻型項目を表します。

TAutoIncField

TAutoIncField は、データセット内において自動インクリメントされる、永続フィールド オブジェクトです。

TFMTBCDField

TFMTBCDField は,データセット内の 2 進化 10 進数(BCD)項目を表します。

TStringField

TStringField は,データセット内の文字列項目を表します。

TBCDField

TBCDField は、データセット内の BCD(2進化10進数)を表します。

TGraphicField

TGraphicField はデータセット内のグラフィック型項目を表します。

TTimeField

TTimeField は,データセット内の時刻項目を表します。

TBinaryField

TBinaryField は、データセット内の型のないバイナリ フィールドを表します。

TGuidField

TGuidField は,データセットの GUID 項目を表します。

TVarBytesField

TVarBytesField は,データセット内の型なし可変長バイナリ項目を表します。

TBlobField

TBlobField は、BLOB(Binary Large Object)への参照を保有する、データセット内の 1 つのフィールドを表します。

TIDispatchField

TIDispatchField は,データセットの IDispatch 項目を表します。

TVariantField

TVariantField は,データセット内のバリアント項目を表します。

TBooleanField

TBooleanField は、Boolean 値を保持するフィールドを表します。

TIntegerField

データセット内の符号付き 32 ビット整数フィールドを表します。

TWideStringField

TWideStringField は、データセット内の長い文字列フィールドを表します。

TBytesField

TBytesField は、データセット内のバイト フィールドを表します。

TInterfaceField

TInterfaceField は,データセットのインターフェース項目を表します。

TWordField

データセット内の符号なし 16 ビット整数フィールドを表します。

TCurrencyField

TCurrencyField は、データセット内の通貨値を格納しているフィールドを表します。

TLargeintField

TLargeintField は,データセット内の Largeint 項目を表します。

TDataSetField

TDataSetField は,ネストされたデータセットへのアクセスを提供します。

TMemoField

TMemoField は、データセット内のメモ フィールドを表します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance