表示: Delphi C++
表示設定

Data.DB.TField.AsVariant

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property AsVariant: Variant read GetAsVariant write SetAsVariant;

C++

__property System::Variant AsVariant = {read=GetAsVariant, write=SetAsVariant};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
Data.DB.pas
Data.DB.hpp
Data.DB TField


説明

フィールドの Value をバリアントで表します。

AsVariant を使用すると、フィールドのデータの値を Variant に読み込むか、バリアント値をフィールドの内容に割り当てます。 TField は、バリアント値をサポートしておらず、AsVariant プロパティの取得が試みられた際に、例外が発生します。 TField はまた、AsVariant プロパティの設定が試みられた際にも例外を発生させます(ただし、バリアントが型 varNull でない限り。この場合、TFieldClear メソッドを呼び出します)。

TField の下位クラスは、AsVariant メソッドを実装して、フィールドの値をバリアントとし取得または設定します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance