表示: Delphi C++
表示設定

System.NativeInt

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

type NativeInt = { built-in type };

C++

typedef int                  NativeInt;        //

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
type
typedef
public
System.pas
sysmac.h
System System


説明

プラットフォームに依存する符号付き整数を定義したものです。

NativeInt は整数の部分集合を表します。 NativeInt の範囲は、現在のプラットフォームによって変わります。32 ビット プラットフォームでは、NativeIntInteger 型と同等です。 64 ビット プラットフォームでは、NativeIntInt64 型と同等です。

NativeInt のサイズは、使用しているプラットフォームのポインタのサイズと同じです。

Delphi の以前のバージョンでは、組み込み型NativeIntNativeUIntByteBoolWordBoolLongBool など)は、C++ の組み込み型にマッピングされていました。Delphi の最近のバージョンでは、これらの型は強力なエイリアスで処理されています。この変更に対応するため、C++ でも、クラス ラッパー を使用して、強力なエイリアスを作成しています。

メモ: 曖昧性を避けるために、次の例で示すように、変換は明示的でなければなりません。
  NativeInt ni = 100; // 誤り。エラーが発生する
  NativeInt ni = NativeInt(100); // 正しい
  System::GetMemory(0x100); // エラー
  System::GetMemory(NativeInt(0x100)); // 正しい

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance