表示: Delphi C++
表示設定

Data.DB.TDataSet.AfterOpen

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property AfterOpen: TDataSetNotifyEvent read FAfterOpen write FAfterOpen;

C++

__property TDataSetNotifyEvent AfterOpen = {read=FAfterOpen, write=FAfterOpen};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
event public
Data.DB.pas
Data.DB.hpp
Data.DB TDataSet


説明

アプリケーションがデータセットを開き終え、データ アクセスが発生する前に間に発生します。

AfterOpen イベント ハンドラを記述すると、アプリケーションがデータセットを開いた直後に、特定のアクションを実行させることができます。 AfterOpen は、データセットがそのデータへのアクセスを確立し、データセットが dsBrowse の状態になった後に呼び出されます。たとえば、AfterOpen イベント ハンドラでは、ini ファイルをチェックし、前回アプリケーションが実行された際に、データセット内で最後にアクセスされたレコードを確認し、そのレコードまでデータセットの位置に移動する、といったことができます。

AfterOpen は、Data.DB.TDataSetNotifyEvent 型のイベント ハンドラです。

関連項目

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance