表示: Delphi C++
表示設定

Data.DB.TDataSet.AppendRecord

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure AppendRecord(const Values: array of const);

C++

void __fastcall AppendRecord(const System::TVarRec *Values, const int Values_High);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
Data.DB.pas
Data.DB.hpp
Data.DB TDataSet


説明

新しい、値設定されたレコードを、データセットの最後に追加し、それを送信します。

AppendRecord を呼び出すと、新しい、空のレコードがデータベースの最後に作成し、それを Values 内のフィールド値で設定し、その値をデータベースにデータベースまたは変更ログに送信することができます。

C++ では、Values パラメータは、フィールド値の配列です。Values_Size パラメータは、最後の値のインデックスです(値の総数 - 1 の位置にある値)。

新たに追加されたレコードは、次の 3 つのいずれかの方法で、データベースに送信されます。

インデックス付きのテーブル Paradox と dBASE の場合、レコードは、そのインデックスに基づいた位置でデータセットに挿入されます。

インデックスなしのテーブル Paradox と dBASE の場合、レコードはデータセットの最後に追加されます。

SQL データベースの場合、追加の物理的な位置は、実装固有です。 インデックス付きテーブルの場合、インデックスは新しいレコード情報で更新されます。

新たに追加されたレコードは、アクティブ レコードとなります。

関連項目

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance