表示: Delphi C++
表示設定

Data.DB.TFieldDefs.AddFieldDef

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function AddFieldDef: TFieldDef;

C++

TFieldDef* __fastcall AddFieldDef();

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
Data.DB.pas
Data.DB.hpp
Data.DB TFieldDefs

説明

新しい項目定義オブジェクトを作成し,TFieldDefs オブジェクトの Items プロパティにそれを追加します。

AddFieldDef メソッドを呼び出すと,クライアントデータセットのデータまたはデータベーステーブルの作成時に項目定義を追加できます。AddFieldDef メソッドは,項目定義のコレクションに追加される新しい TFieldDef オブジェクトを返します。AddFieldDef メソッドを呼び出してから,新しく追加された TFieldDef オブジェクトのプロパティを設定して,作成される項目の名前,型,およびサイズを指定します。

メモ:  AddFieldDef は,引き続き CreateTable または CreateDataSet メソッドを呼び出して作成するテーブルの項目定義を作成する場合にのみ有効です。既存のテーブルに項目を追加する目的で使用することはできません。

関連項目


個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance